1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ついに日本人から…イスラム国に参加しようとした大学生達の阻止はギリギリだった

ついに日本人からも「イスラム国」に参加しようとする者が出てしまった。26歳の大学生らが事情聴取された。

更新日: 2014年10月07日

haru-tomoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
32 お気に入り 97887 view
お気に入り追加

■過激派組織「イスラム国」に参加しようとした大学生ら数人を事情聴取

イラクやシリアで勢力を伸ばす過激派「イスラム国」に戦闘員として参加しようとしたとして、警視庁公安部は6日、20代の北海道大生の男から任意で事情を聴いた

事情聴取を受けているのは、北海道大学に通い現在休学中の26歳の男など複数の日本人で、警視庁は6日、杉並区などにある男らの関係先を捜索しました

公安部によると、学生はイラクやシリアで勢力を拡大するイスラム国に戦闘員として加わるため、7日に日本を出国し、シリアに渡航する計画を立てていた

・秋葉原の古書店に求人の張り紙が!?

男子学生は東京・秋葉原の古書店に掲示されたシリアへの渡航を呼びかける貼り紙に応じ、シリアへ渡航しようとした

勤務地:シリア 詳細:店番まで」と書かれた求人を掲示していた古書店の関係者からも事情を聞いた

■イスラム国に参加しようとした日本人がいたというのは初めて分かった

シリア渡航を募る求人が行われているとの情報をもとに捜査したところ、北大生の応募が裏付けられた

調べに対して大学生は「イスラム国に加わり、戦闘員として働く目的だった」と供述しているという

・容疑は聞き慣れない「私戦予備・陰謀」容疑。こちらも初めてのこと

外国に対して私的に戦闘行為をする目的で、その準備や陰謀をする罪。刑法第93条が禁じ、3か月以上5年以下の禁錮に処せられる

自首した者は、その刑を免除するとなっている

・かなりギリギリの阻止だった。8月にもシリア渡航を計画していた事も明らかに

7日、成田空港から日本を出国し、トルコを経由してシリアに向かう計画だった。このため警視庁は、6日、捜索に踏み切った

警察もかなりギリギリの判断だったようです。とにかく阻止するための強制捜査だった?

8月ごろにも、戦闘員としてシリアへの渡航を計画していたことが分かった。このときは、仲間内のトラブルが原因で断念したという

■イスラム国に「日本人が9人参加している」という情報もあったが、未確認

9月26日の自民党外交・国防合同部会後のぶらさがり会見で、ヒゲの隊長こと佐藤正久参院議員が仰天情報を漏らした。
「イスラム国に日本人が9人いるらしい」

1 2





haru-tomoさん

気になった事をまとめていくよ!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう