1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【相棒】あの名場面のロケ地・撮影場所はこんなとこ

相棒14も終了してしまい、反町さんの続投か、仲間さんで初の女性相棒?との噂もありますが、過去作品を振り返りつつ、楽しみに待ちたいと思います!警視庁所属の特命係なので、都内が舞台になることが多いですが、郊外での撮影も結構多いです。そんな地方の撮影と思われる、気になる風景や建物をまとめてみました。

更新日: 2016年04月03日

rakudaislandさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
48 お気に入り 136834 view
お気に入り追加

◆ロケ地リスト
 ・Season14 第11話「共演者」
 ・Season8 第10話「特命係、西へ!...」
 ・Season14 第10話「英雄~罪深き者たち」
 ・Season14 第3話「死に神」
 ・Season13 第14話「アザミ」
 ・Season7 第19話「特命」
 ・Season11 第11話「アリス」
 ・Season12 第18話「待ちぼうけ」
 ・Season4 第14話「アゲハ蝶」
 ・Season3 第15話「殺しのピアノ」
 ・Season8 第2話「さよなら、バードランド」
 ・Season13 第1話「ファントム・アサシン」
 ・Season11 第9話「森の中」 & 第10話「猛き祈り」
 ・Season7 第15話「密愛」
 ・Season5 第4話「せんみつ」
 ・Season4 第1話「閣下の城」
 ・Season5 第17話「女王の宮殿」

◆Season14 第18話「神隠しの山」

強盗犯を追って山に入った右京がまさかの遭難。
迷い込んだのは“神隠しの山”と恐れられる秘境だった。
数千万円の宝石を盗み、警察官の拳銃を強奪して逃げている指名手配犯が、3年ぶりに姿を現した。都内の質屋に宝石の換金で現れ、通報されると拳銃を発砲して夕霧岳という山に逃げ込んだという。

◆Season14 第11話「共演者」

主演女優のマネージャーが別荘で謎の死
事件から2人の女優の“本性”が明らかに!

富士の裾野で映画の撮影が行われている最中、主演女優・桜庭かなえ(高橋かおり)の姉でマネージャーをしている恵子(白土直子)の遺体が、別荘で発見された。所轄署が容疑者として目を付けたのが、恵子に復縁を迫っていたという元夫。担当の弁護士と旧知の仲の亘(反町隆史)は、力を貸してほしいと頼まれ、右京(水谷豊)に相談する。

◆Season8 第10話「特命係、西へ!...」

京都で呉服店を経営する高村の遺体が東京で発見された。手には謎の4桁の数字が羅列された紙の切れ端が握られていた。
 高村は死の直前、都内のホテルに電話をかけていたことが判明。右京(水谷豊)と尊(及川光博)がそのホテルを訪ねると、偶然にも尊は学生時代の恋人・唯子(檀れい)と再会する。ぎこちなく言葉を交わして別れる2人だが、なぜかその唯子に不審な行動が見られ、さらには高村が最後にかけた電話と唯子につながりがあることがわかる。...

◆Season14 第10話「英雄~罪深き者たち」

官房長官・音越栄徳(西村和彦)と官房副長官になった片山雛子(木村佳乃)による新会派結成と総裁選出馬宣言の記者会見場で、爆破事件が発生。そんな、国を揺るがす緊急事態でも、特命係は蚊帳の外で、右京(水谷豊)は休暇を取っていた。しかし、訪ねてきた元捜査一課の三浦(大谷亮介)から、極左グループ「赤いカナリア」の元幹部・本多(古谷一行)に関する気になる情報を聞く。元死刑確定囚だった本多は、超法規的措置で別人の戸籍を与えられ、娘の茉莉(内山理名)と共に余生をおくっていたが、最近になって消息が分からなくなったという。引っ掛かるものを感じた右京は、2人が暮らしていたという富山へと向かう。

◆Season14 第3話「死に神」

山中の別荘で服毒死とみられる女性の遺体が発見された。証拠品の返却のため、別荘の前を偶然車で通りかかった右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、さっそく現場検証に立ち会うことに。別荘の持ち主は、IT関連企業の社長・雨宮(葛山信吾)で、死亡した女性・美由紀(中島亜梨沙)と少し前まで交際していたという。右京が気になったのは、女性の手に残っていた観葉植物の葉と土、そして現場付近で見かけた“中村ケミカル工業”という会社名の入った不審な車だった。

◆Season13 第14話「アザミ」

大手楽器店との提携話が持ち上がっている老舗ヴァイオリン工房の社長夫人・新宮孝子(栗田よう子)が、自身の別荘で絞殺死体となって発見された。被害者は殺害される直前、夫の蔵人(鈴木綜馬)に電話をかけていたが、夫婦仲は冷え切っていたらしく、死の危機にひんした彼女がなぜ、警察ではなく夫に電話したのか疑問が残った。捜査に乗り出した右京(水谷豊)は、2人が愛情ではない別の何かで結びついていたのではないかと推理する。

◆Season7 第19話「特命」

警察庁の神戸尊(及川光博)という男が警視庁特命係に左遷されてくる! 一体何をしでかして特命係に配属されることになったのか?一方、右京(水谷豊)は尊の配属初日、彼に会おうともせず、ある山奥の村で捜査をしていた。 出端をくじかれた尊は右京を追いかけるように村へ。右京によると、この村の女性から殺人事件を暗示するような絵が添えられた手紙が送られてきたという。 村長の源一(前田吟)、その弟の晋平(日野陽仁)、住職の法春(苅谷俊介)ら村の人間たちに煙たがられながらも捜査を進める右京と尊。描かれた絵の真相は? 単なる描き手の想像か、それとも…? 右京と尊の新コンビで初の事件に挑むに大苦戦!?

◆Season11 第11話「アリス」

今から57年前の昭和30年(1955年)12月24日のクリスマスイブ。郊外にある早蕨村(さわらびむら)。小規模だが贅を尽くした美しいホテルのロビーに2人の少女が元気に姿を現した。宿泊客で橘・元子爵の令嬢・瑠璃子(広瀬アリス)とホテルのオーナー、二百郷(におごう)洋蔵(伊藤聡)の娘・朋子(上間美緒)だ。ふたりは森の中へと散策に出かけていく。しかし、瑠璃子は忽然と姿を消し、朋子は一人森の中に取り残されてしまう。瑠璃子は一体どこへ消えてしまったのか?

1 2 3





rakudaislandさん

地元静岡のニッチな情報を中心に、興味のあることを幅広くまとめています。
まとめの感性にビビビっときたら、お気に入り登録してもらえるとうれしいです^^;



  • 話題の動画をまとめよう