1. まとめトップ
  2. カラダ

さっき食べたのに!食事の直後なのに空腹を感じる理由

まとめの説明を入力(150文字以内。改行は反映されません)

更新日: 2015年11月05日

metalStoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
649 お気に入り 727228 view
お気に入り追加

さっき食べたばかりなのにお腹が減る…

なんか最近食べても食べてもお腹減る~やばい これはやばい お腹すいた!

腹減るよなぁ!最近食べても食べてもお腹すくんやけど、どーしたらええかな?

なぜ空腹を感じるのか、そのメカニズムとは

空腹感とは、血糖値の低下により起こる、エネルギー補給を促すサインである。

食事を摂ると、血糖値が急上昇します。体はインシュリンを大量に分泌して血糖値を下げようとします。
この「血糖値の低下」に脳が反応して「空腹感」がうまれます。

空腹感というのは、単純に身体に栄養やエネルギーが満たされているかどうか、という満腹感の信号だけでなく、いろんな要素が関係しているということなのです。

食後なのにお腹が減ってしまう原因

▼水分が不足している

脱水症状は、空腹感とよく似た感覚に陥ってしまうことがあります。食事をすると、喉が渇いて乾燥した口内に唾液が分泌されるため、一時的に渇きが紛れたように感じてしまうのです。

体内に十分な水分がいきわたらず、体が水分が足りない! と信号を出してきます。それが空腹という感覚で伝わり、喉が渇いていると気づかない事があります。

▼睡眠が不十分

睡眠が不足すると「欲しい!食べたい!」という感情をつかさどっている血液中の2-アラキドノイルグリセロールという物質が増えるそう。

睡眠不足の後ではこのグレリンが増加するだけでなく、嗜好も甘いものや塩分の多いもの、炭水化物などが欲しくなるという傾向があります。

睡眠時間が短い場合、満腹情報を伝える物質であるレプチンが減少することがわかっています。
つまり、睡眠不足だと『空腹感が強まり』⇒『食欲が増加』⇒『太る』のです。

▼朝食が少なすぎる

朝食を摂らないと、前日の食事以降は何も食べていないことになり、かなりの低血糖状態になってしまう。
この状態では脳内にドーパミンが多く分泌されて、摂食中枢がいつまでも刺激され続けることに。

朝食を多めに摂ると、血糖値の上昇が一日を通してなだらかなため、急激な食物欲求が少なくなるということなのです。
朝ごはんは抜かさず、しっかりと摂ることが大切です。

朝食には卵やソーセージのようなタンパク質を30-39グラムほど取り入れることで、午前中の飢餓感が軽減されるということです。

▼糖分を摂り過ぎている

炭水化物&糖質を中心に食べていると、
体内でエネルギーが少なくなったから、食事を欲するのではなく、『血糖値を上昇させる』ために食べたくなるのだ。

炭水化物&糖質を食事の中心にしていると、急激な血糖値の上昇の幸福感と、その後の精神的飢餓感でどんどん食べる量が増えてしまう。

甘いものや砂糖の入った料理を食べ過ぎると、ホルモンのバランスが崩れて、食欲を抑えるホルモン“レプチン”の分泌が遅れ、逆に空腹感を伝えるホルモン“グレリン”の分泌が活発になる。

おやつや食事には、糖分の低いものを選びましょう。

▼ストレスが溜まっている

心配のし過ぎなどでストレスが溜まることで、空腹を伝えるホルモン“グレリン”の分泌が急上昇してしまう!
ストレス度合いの上昇につれて、この傾向は強くなるそうです。

ダイエット中は体だけでなく、心の健康も見直し、ストレスの原因解決を試みてはいかがでしょうか。

ストレスによって増大した空腹感は、さらにストレスを増大させます。
ストレスがあまり増えないうちに、飴玉でも舐めて脂肪細胞の分解を止めることが重要です。

▼栄養不足による空腹感

1 2





metalStoneさん



  • 話題の動画をまとめよう