1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

クドカンを超えた!バカリズム脚本の連ドラ「素敵な選TAXI」がすごいと話題!

バカリズム脚本の「素敵な選TAXI」が宮藤官九郎脚本の「ごめんね青春!」の視聴率を越えたことでテレビ業界では事件だと話題となっています。

更新日: 2014年10月24日

hiroyan05さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
150 お気に入り 499429 view
お気に入り追加

バカリズムが脚本の連ドラ「素敵な選TAXI」 視聴率10・7%

「なかなかやるじゃないか」――テレビ関係者の間で、ピン芸人・バカリズム(38)の評価がうなぎ上りだ。お笑いセンスの話ではない。脚本を書く力だ。

14日にスタートした竹野内豊(43)主演の関西テレビ、フジテレビ系「素敵な選TAXI」(火曜後10・00)の初回視聴率が10・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。初回は15分拡大で放送された。

初回の客は、恋人にプロポーズをしようとして、別れを切り出されてしまう安田顕(40)が演じる売れない俳優・村上秀樹だった。

枝分(竹野内さん)は、村上が恋人の浦沢香(小西真奈美さん)にプロポーズを失敗したことを知り、プロポーズをする前の時間にタイムスリップさせる……という内容

◆「素敵な選TAXI」とは?

タレントのバカリズム(38)が脚本を担当し、乗客を希望する過去の分岐点に運ぶことができる不思議なタクシーの物語。

竹野内さんのほか、バカリズムさん、南沢奈央さん、清野菜名さん、升毅さんがレギュラー出演している。

「もしもあの時、別の道を選んでいたら…」と後悔を抱く乗客が、過去に戻り人生の選択肢を選び直すため、必然的に2転、3転するストーリーを、スリルと笑いを交えて描く。

◆主演は竹野内豊さん

出典eiga.com

本名竹野内 豊
生年月日1971年1月2日(43歳)
出生地 東京都
身長179cm
血液型O型
職業俳優
ジャンルテレビドラマ、 映画、CM

竹野内 豊(たけのうち ゆたか、1971年1月2日 - )は、日本の俳優。

近年はコメディ映画に出演し、CMでもユーモアとペーソスの効いた演技を見せる竹野内が主演を務める

◆「素敵な選TAXI」が宮藤官九郎を越えたと話題に!

バカリズムが脚本を担当する連ドラ「素敵な選TAXI」(フジテレビ系)の初回(14日放送)視聴率が10・7%

その2日前に放送された宮藤官九郎(44)脚本の「ごめんね青春!」の10・1%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)を超えたからだ。

脚本については素人同然のバカリズムが“クドカン超え”を果たしたとすれば、テレビ界では事件だ。何がウケたのか。

コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

「期待通りでしたね。実はバカリズムは2年前、タモリの『世にも奇妙な物語』で1話だけ脚本を担当したことがあって、それがムチャクチャ面白かった。それを見ていただけに今回も楽しみにしてましたが、見事に応えてくれました。主役の竹野内豊が演じるタクシー運転手が“過去に戻る力”を持っている設定が奇想天外だし、同じ乗客に対してそれを何度も繰り返す。まるで出来のいいコントを“これでもか”と見せられているようで、冒頭を見た人は最後まで目が離せなかったはずです」

1時間で1つのストーリーを見せるより、いくつのもコントが見られるという「お得感」が功を奏したらしい。

☆視聴者からも高評価!

素敵な選TAXIおもしろ バカリズムすげえあえええええ

1 2 3





トレンドネタ&Twitterで面白いことまとめます。
よろしくおねがいします。

削除してほしい画像などありましたらTwitterまで。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう