1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

芸術?猥褻?パリに登場したオブジェがあまりにも…

政治的にごりごり「攻める」タイプの芸術家ポール・マッカーシー氏の作品が、パリに登場してしまいました。

更新日: 2014年10月20日

えび天国さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
54 お気に入り 131319 view
お気に入り追加

アメリカの芸術家が、パリの展覧会に大型芸術作品を出展

パリのパンドーム広場に16日、米芸術家ポール・マッカーシー(Paul McCarthy)氏の野外作品「Tree」が展示された。

この作品は国際コンテンポラリーアートフェア(FIAC)の目玉で、クリスマスをテーマにした作品であるが、この作品のフォルムが「非常に、ある特定の何かを思い起こさせる」として物議をかもしだしている。

案の定、世界は予想道りのリアクションで騒然

Belle opération de @dorcel sur la Place Vendôme avec ce plug anal. Quoi ? Une oeuvre de Paul McCarthy ?! #WTF pic.twitter.com/l5U4XAWvuW

さっそく遠近法写真を撮るお兄さん

24.4メートルものこのオブジェ。いくつかのソーシャルメディアのユーザーたちからは、「このような暗示的な作品はパリにとって屈辱だ」と憤りが寄せられた

しかしこのアートは、そういった主義主張の方々にこのアイテムを認識させたという段階で、痛烈な皮肉が完成するという恐ろしい罠

Un plug anal géant de 24 m de haut vient d'être installé place Vendôme ! Place #Vendome défigurée ! Paris humilié ! pic.twitter.com/vv7fzZWC62

ガチで怒っていらっしゃる方も

MAIS ??!! RT @letagparfait: Joli buttplug de l'artiste Paul McCarthy sur la Place Vendôme. On aime bien. pic.twitter.com/lnvYkSxWvu

「プリティなばかたれ作家のポール·マッカーシー」って…ええ。はい。

ポール・マッカーシー氏はこんな芸術家

2013年には香港に来たこの作品も、ネットで阿鼻叫喚をまきおこした

こんもりとした造形といい、絶妙な長さなどディテールといい…。香港ビクトリアハーバービーチに高さ3メートルにもなる、インフレータブル彫刻展の作品が展示された

「複雑なパイル」と名付けられたこの作品も、ポール·マッカーシー氏の手による作品。

1945年にソルトレイクシティで生まれた氏は、パフォーマンスアートや彫刻など、さまざまなメディアで風刺的で過激な芸術活動を行っています。

詳細な説明をすることが道義的にかなり困難な、ジョージ・ブッシュ元大統領だと言わざるを得ない裸の男性と、豚の彫刻

ディズニーにもフレキシブルに攻めていくスタイル

クリスマスツリーに…見えなくも…ない…と言う前向きな人々も

現在METROをはじめ、いくつかのWebメディアはこのニュースを「これは何に見えますか? 木? それとも…」の二択式のアンケート付きで報じているが、結果はどこも「木」が圧倒的大敗中。

一票入れときました

この作品には多くの抗議が寄せられている。マッカーシー氏自身も暴漢に襲われたが、幸い大きな怪我もなく無事だった。

体張りすぎです…。

【追記】18日、何者かによって作品は破壊されてしまいました

1 2





えび天国さん

今年もまた好きなこと、調べたことをマイペースにまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう