1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

『洞窟ハウス』自然の洞窟や地中に埋め込まれた隠れ家的住まい

自然の洞窟や岩、丘などを利用した建築物、住宅を中心に集めてみました。夢のあるコンセプトの暮らし、世界中に存在する洞窟ハウス。

更新日: 2014年10月21日

calmekさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
329 お気に入り 50077 view
お気に入り追加

スイス、ヴァルスのヒルサイド・ホーム

丘の中腹をぽっかりえぐったような住宅。

土の構造に溶け合った建築です。

巨大な卵のような形でもあります。

夜の光景がまた不思議。

一番上の写真は建てられて間もなくなのか、まだ周りに草が生えてないですね。

外部に面した壁にはたくさんの窓が設けられています。

素晴らしいアルペンの眺め。

中はコンクリート打ちっぱなしですが、冬は地熱で暖かそう。

自然光が家中に入るよう計算されています。

インテリアもお洒落ですね。

住宅街の中にあり、これだけ個性的でありながら周囲の景色に溶け込んでいます。

家の中からの眺めは山岳風景なので山の中の暮らしているような気分に浸れそうです。

イギリス、イングランドの「ボルトン・エコ・ハウス」

航空写真で見ると花のモチーフをしているこの家は地上からはほとんどその形は分かりません。

建築家のMake Architectsが元サッカー選手のガリー・ネヴィルのためにデザインした大胆で環境に優しい住宅です。

広大な高原の中でライトアップされた姿は目を惹きます。

家の中は外観とはギャップのあるモダンな内装。

地熱を生かし、ソーラールーフパネルや風力タービンを使用し持続可能なエネルギーを作り出しています。

イングランド全土で初のカーボンニュートラルハウス(CO2を増やさない家)です。

アメリカ、ミズーリ州フェストゥスの洞窟ハウス

スリーパーさんの洞窟ハウス
The Sleeper Cave House


2003年に「洞窟を買って中に家を建てよう!」と思い立ったスリーパー一家。

夫婦と子ども二人の四人家族で住んでいましたが、スリーパーさんの健康上の理由に2009年にオークションに出されました。

現代の砂岩洞窟ハウス。

三階建てで、面積1万7000平方フィート。
ベッドルームは三室。

洞窟の壁を活かし、砂をあえて床に残した自然感あふれる住まい。

家を建てる前、この洞窟は「Caveland」というコンサート会場だったそうです。

スイス、ホビット洞窟ハウス

建築家Peter Vetschが手がけた、
ホビットの住居のような洞窟ハウス。
スイスのディエティコンにあります。

環境に優しい、新しいオリジナルコンセプトで、この地域はアースハウス・エステート・ラテンストラスEarth House Estate Lättenstrasseと呼ばれています。

暑さ、寒さ、雨や風に強い構造で、有機的な形は周囲の景観に自然と溶け込んでいます。

草で覆われたコンクリート吹き付けドームは、リサイクルガラスの断熱発泡体、耐根性ポリマー、ビチューメンなどを利用しています。
屋根の一部は、庭園として利用されています。

http://blog.nakatanigo.net/archives/50731814.html

隅々まで計算されたこだわりを感じます。

イギリス、ウェールズのマラトールハウス

丘の上にあるこの家は未来のシステムプロジェクトによって建設されました。

窓からは素晴らしい景観を臨むことができます。

環境に配慮したパーフェクトなデザインです。

反対側は海でしょうか。

未来的なデザインの水周り。

ニュージーランド、「ロード・オブ・ザ・リング」のホビット村

こちらは映画「ロード・オブ・ザ・リング」のセットの一部が残ったもので、人が住んでいる訳ではありません。

牧場の一部に作られており、農場主が一般公開を行っています。

この牧場には13000匹の羊が放牧されていて、羊に少しずつ壊されているそうです。

住居は再建しない契約をされているらしく、いつまでこの村が残っているか分かりません。

内装はされておらず、羊がうちの中に入ってくつろいだりしているそうです。

1 2 3





calmekさん

B級フランス系

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう