1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

育ちが良い人は絶対にしない!?「育ちが悪い」人がする14の特徴的行動

自分では自覚がないのに、彼氏・彼女など他人から「育ちが悪い」と烙印を押されてしまった経験がある人も多いはず。ここでは「育ちが悪い」という印象を他人に与える、14の特徴的な行動を見てみたいと思います。もし自覚があるなら、あなたのためにも早めに改善をしていきましょう!

更新日: 2016年02月12日

springspringさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5700 お気に入り 4632684 view
お気に入り追加

-自分が意識しなくともにじみ出てしまう「育ちの悪さ」

「育ちが悪い」と言われる行動は育ってきた環境に大きく左右されるもの

どんなことでしょうか?ここでは14の例を見てみたいと思います。

1.言葉遣いが悪い

他にも半疑問形(『~じゃね』)や『パネェ』のような学生言葉は、「育ちの悪さ」を示す良い例。社会に出たら意識して控えたいもの。

2.箸の持ち方がおかしい

箸の持ち方は育ちが出る部分といわれている

3.クチャラー

周囲を不快にさせてしまう「クチャラー」。「育ちが悪い」という印象を与えてしまう。

4.魚の食べ方が汚い

魚の食べ方がきれいだと、「育ちが良い」という評価を受ける。逆に魚の食べ方が汚いと「育ちが悪い」と思われてしまいがち。

魚を食べさせると、その人の「育ち」が分かる

就活で、魚をきれいに食べるかどうかを見る企業もある

※東京の光学機器メーカー三鷹光器。箸の使い方が不器用だと、細かい作業ができないとみなされ、血合いを取り除かないような無神経さもマイナス要因と判断される。

5.場の雰囲気をわきまえない声の大きさ

センシティブな内容を話す際に、TPOをわきまえず大きな声で話す人は「育ちが悪い」「デリカシーがない」と思われても仕方がない。

状況がわきまえられる人はそういう意識を持ち合わせているので、TPOに合わせて声の大きさを調節する

6.大きな音を出す鼻のかみ方

音を立てないようにしたいところ。「育ちが悪い」と思われても仕方がない。

鼻をかむときに思いっきり音をたてることはマナー違反

7.咳・くしゃみをする際に手を添えない

意外とできていない人が多い「咳・くしゃみのエチケット」。手を添えないと飛沫を周囲にまき散らすことに。

1 2 3







  • 話題の動画をまとめよう