1. まとめトップ

日本のおかげ?元楽天のマギーがメジャーでカムバック賞を受賞!

昨シーズン、日本の東北楽天イーグルスでもプレーしたケーシー・マギー選手が今季メジャー復帰を果たし、さらには過去の怪我や不振から復活した選手に贈られるカムバック賞を受賞しました。

更新日: 2014年10月21日

rk2014さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 4181 view
お気に入り追加

元楽天のマギーがカムバック賞を受賞!!

マイアミ・マーリンズのケーシー・マギー三塁手が20日、米スポーツ専門誌『スポーティング・ニューズ』が制定するナ・リーグのカムバック賞に選出された。

所属:マイアミ・マーリンズ
生年月日:1982年10月12日
ポジション:三塁手、一塁手
投打:右投右打

昨年は東北楽天イーグルスでプレーしていたマギー

マギーは実質メジャー1年目の2009年に、ミルウォーキー・ブルワーズで打率.301、16本塁打、66打点の好成績をマーク。さらに翌年は打率.285、23本塁打、104打点と大きな飛躍を遂げた。

 しかし、その後は成績が下降し、ピッツバーグ・パイレーツとニューヨーク・ヤンキースに所属した2012年は打率.217、9本塁打、41打点に低迷。そして昨季は日本の東北楽天ゴールデンイーグルスでプレーしていた。

楽天で144試合に出場し、打率・292、28本塁打、93打点の好成績で球団史上初の日本一に大きく貢献したマギー。2年ぶりのメジャー復帰となった今季は正三塁手として自己最多の160試合に出場し、打率・287、4本塁打、76打点を残した。

安打数はリーグ4位の177本で自己最多記録を更新。打率は09年の・301、打点は10年の104打点に次ぐ自己2位の数字で“復活”を印象づけた。

カムバック賞とは?

カムバック賞は、病気や怪我を乗り越えて再び実績を残したスポーツ選手に贈られる賞である。英語では「Comeback Player of the Year」。

復活?成長?マギーが見せた変化

楽天所属前までは速球系に強い打者だったが、メジャーリーグ復帰後は変化球にも対応を見せている。「日本では投手がたくさん変化球を投げる。それに我慢強く対応しながら、速球が来たらしっかり打つ。そのアプローチを学んだ。以前はいつ変化球がくるかとナーバスになっていたからね。それが今は自信を持って変化球を待てる」。米国に戻ってからも楽天打撃コーチの田代富雄と行っていた練習を続け「今でもタシロさんに教わったことを思い出すし、役に立っている」と語っている。

メジャーで少なくとも1本塁打以上を放ったシーズンとしては、自己最少の4本塁打に終わった。

わずか4本塁打ながら76打点を記録!

選球眼の向上

これまでシーズン最高50四球が最高だったが2014年は自己ベストの67個を記録。(楽天時代には70個を記録)

三塁の守備は7失策で守備率.979

これは今季メジャー2位の記録。

日本への感謝の気持ちを忘れないマギー

「1シーズンという短い期間でしたが、東北のファンの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。皆様の熱い応援は一生忘れません。チームは日本一になり、ファンの皆様とともに喜べたことは本当に良い思い出でです。自分にとっては非常に難しい決断となりましたが、イーグルスで皆様とともに日本一になった誇りを持って、今後もプレーしていきたいと思っております。本当にありがとうございました」。

マーリンズとの契約が決まった直後のマギーのコメント

マギーは先月、「日本に行ったときは戻ってくることは考えていなかったよ。ここが居場所なんだと受け入れていたんだ。戻ってくるチャンスがあると分かったことは、僕にとってとても重要だった」とコメント。「日本で成功を収めたにも関わらず、様々な理由から戻ってこられなかった選手がたくさんいた。そういうチャンスが少ないのも知っている。だから、日本に行って戻ってこられたと言えるようになったことを誇りに思う」とも語っていた。

メジャー復帰後について語ったマギー

1





気になったことを中心にまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう