1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

音楽療法。科学的に認定された「世界一癒やされる音楽」

ヒーリングミュージックや音楽療法。その効果を体感されている方も多いのでは?科学的に実証された最も癒される曲マルコニ・ユニオンが作曲した「ウェイトレス」。一体どんな曲なのか?

更新日: 2015年11月24日

rainshineさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2143 お気に入り 330108 view
お気に入り追加

音の持つ癒しの力

好きな音楽を聴いてリラックスしたり、波の音や小川のせせらぎを聞いて心を落ち着けたり、音が心理的に心を癒す力をもつことはよく知られています。また胎教のように妊娠中に快い音を聴くことは、赤ちゃんの感性に大きな影響を及ぼすと言われています。

古代からある「音楽療法」

古代ローマでは、音楽を「心の薬」として治療に使っていました。大きな縦笛のような楽器を患者の胸に押し当て、その上で楽器を演奏するんですね。つまり、心がある胸の部分に直接、音を届けて治療するという方法です。

音楽療法とは、楽器を演奏したり、歌ったり、それから演奏を鑑賞することで癒し効果をもたらし、心や体の問題を改善させる方法です。

単独で病気を治す直接的な治療効果はありません。でも、生活の質を向上させ、幸せな気持ちにさせてくれることで、辛い症状を軽減させることができるのです。

1993年、Natureに掲載された研究者グループによる研究が一躍スポットライトを浴びた。UCIの学生36人にモーツアルトのソナタを聞かせたところ、試験でIQが8~9ポイント上がったことが判ったという。

認知症患者への音楽は良い刺激となりこれをきっかけとしてQOLやADLが改善することも多いのです。各自の音楽歴を聴取し、青春の頃に流行した曲を用いるとインパクトが強いということもわかりました。

ヒーリング・ミュージック

ヒーリング・ミュージックは、心理的な安心感を与えたり、気持ちをリラックスさせたりするために作られた音楽。癒し音楽。

科学的に認定された「世界一癒やされる音楽」

その音楽はマルコニ・ユニオンが作曲した「ウェイトレス」という作品です。ウェイトレスとはレストランで勤務するあのウェイトレスではなく、「無重力」(weightless)という意味です。

海外の研究で、科学的に「最もリラックスできる曲」として認定されたのは、上記の動画の曲で、マルコニ・ユニオンが作曲した『無重力(weightless)』だそうです。

マルコニ・ユニオン作曲の「ウェイトレス」

「無重力」はギター、ピアノ、エレクトロ等を合わせた曲で、心拍数・血圧・コルチゾール(ストレスホルモン)を下げる効果があることが科学的に証明されている。

マルコニ・ユニオン作曲で、イギリス音楽療法学会と合同で制作され、マインドラボ研究機関がその効果を証明したという。

実験でもその癒し効果は実証された

さかのぼること3年前の実験では、難しいパズルを被験者40人の女性に解いてもらい、ストレスレベルがマックスに達したところで、いくつかの音楽を聞いてもらったのです。

ストレスを下げる為に「無重力」を含む「リラックスできる」とされているモーツァルト・エンヤ・コールドプレイ等が作曲した楽曲を聴いてもらった。

その結果、「無重力」はそれらの曲よりもリラックス効果が期待でき、数人の被験者に至っては「強い睡魔を誘われた」と語っている。効果のほどは他の曲に比べて「11%以上のリラックス効果」、「65%の緊張度低下」、「35%以上の心拍数低下」が見られたという。

モーツァルトや癒し系アーティストの代表的存在であるエンヤの音楽よりも、ウェイトレスを聞いた方が被験者たちのストレスレベルは低くなったそうです。

こちらがその音楽

1 2





動物、自然、音楽、雑学、海外ゴシップ、海外ニュースなど
世界のすごい事、びっくり仰天な事、どうでもいいけどちょっとためになる事などをまとめてます。



  • 話題の動画をまとめよう