1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

海と岩と空が造り出す神秘的な絶景!迫力満点の奇岩群【橋杭岩(和歌山)】

和歌山に、あまり知られていませんがとても美しい奇岩がつくり出す絶景スポットがあります。特に朝日が美しいことで有名なのですが、昼間も神秘的で迫力満点です!

更新日: 2014年11月01日

CuteMonsterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
252 お気に入り 44843 view
お気に入り追加

その景色を見たら止まらずにはいられない!?

その存在を知らずに国道42号線を走っていても、必ず気になって思わず車を止めるはず。

偶然通りかかって発見した場所でした。名前も聞いたことがなかったし、テレビや雑誌でも見たことがない風景でした。
なぜここがもっと有名にならないんだろう?と思うほどの場所です。

ここの存在はまったく知らなかったのですがたまたま夕暮れ時に通りがかり一目でファンになりました。

南紀屈指の景勝地といわれながら、あまり有名でもなく、観光客もそう多くないのがこの橋杭岩である。

橋杭岩について

弘法大師が向かいの紀伊大島へ渡るため、あまのじゃくに手伝わせて橋を架け始めたが、あまのじゃくがくたびれて鶏の鳴き声をまねたので大師は夜が明けたと思って作業を中止し、橋杭だけが残ったという伝説がある。

橋杭岩(はしぐいいわ)は、和歌山県東牟婁郡串本町にある奇岩群。

およそ1500万年前に「熊野カルデラ」を形成した大規模火山活動に派生して南北の割れ目に貫入した石英安山岩の岩脈の一部が風化浸食によって地上に現れたもの

吉野熊野国立公園内にある、不思議な景観が楽しめる景勝地として知られる観光スポットで、国の名勝にして天然記念物に指定されている。

串本から大島に向かい、約850mの列を成して大小40余りの岩柱がそそり立っています。

その規則的な並び方が橋の杭に似ていることからこの名が付きました。

特に綺麗なのが朝日!

橋杭岩の間から朝日が昇る光景が美しく、「日本の朝日百選」にも選ばれている

5月から11月にかけて橋杭岩の間に朝日が昇り、その姿を写真に納めようと多くのカメラマンが訪れる。

この地を訪れたら是非早起きして、この幻想的なシーンを見に行って欲しいな。あまりの美しさに呆然と立ちすくんでしまい写真を撮るのを忘れてしまった程ですが、今でもあの燃えるような朝焼けを背にした橋杭岩のシルエットが心に焼き付いています。凄いよ!!!

初日の出で有名ですが、すごい人です。せめて日の出くらいはいつか見てみたい。

冬の日の出の時刻に訪れたんですけど、黒から少しずつ青や赤色に変化していく空は幻想的でした。

見る見るうち趣を変える万華鏡のような世界をしばらく息を呑んで見とれていました。
薄暮から水平線が輝きだして日が昇るまでの鮮やかな彩りの変化は素晴らしいの一言です。

潮の満ち引きで様々な姿を見せてくれます

干潮時には中ほどの弁天島まで歩いて渡ることもできます

1 2





まとめるの、結構好きです^^
自分の興味のあること、
気になることを中心に、
ぼちぼちまとめていこうと思っています。



  • 話題の動画をまとめよう