1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

都心のゆる〜い異世界!?下町のテーマパーク『あらかわ遊園』に行ってみたい

東京23区内唯一の公営遊園地『あらかわ遊園』が面白いらしい…。

更新日: 2014年10月25日

だらくださん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
216 お気に入り 176063 view
お気に入り追加

下町のテーマパーク

それがコチラ…

荒川区の「花やしき」って感じでしょうか?なのでシャビーな、渋い感じも否めません。オシャレ感というよりは、いわゆる日本のザ・遊園地

ちなみに、レンガ工場跡地に建てられたので、周囲の壁には昔ながらのレンガが残るところも。

あらかわ遊園は東京23区内唯一の公営遊園地である。

開園は大正11年。面積約3万m²。荒川区北部の隅田川沿いに所在する。

歴史ある憩いの場として長きに渡り多くの人々に愛されてきた

最寄り駅は都電荒川線の「 荒川遊園地前」になる。

都電荒川線は都内に唯一残った路面電車です

駅から遊園地までの間もちょっとした公園になっていたりする。

チンチン電車にごとごと揺られ、町を散策するだけでも、ノスタルジックで楽しいですよ

この辺は古い商店が多く残るエリアでもある。

都心のゆる〜い異世界!?

出典itot.jp

エントランスはこんな感じ。園のキャッチコピーは「わくわくメルヘンランド」。

日常から離れて、不思議な異世界にワープしてしまった気持ち

コチラは園のマスコットキャラクターの二人。

アトラクションは定番ものが一通り揃っている。

乗り物のチケットは基本、大人2枚、子ども1枚。乗り物によっては、風や雨で運休になることもあるとか

低年齢層の子どもが楽しく遊べるような乗り物がたくさん。

入園料やアトラクション利用料の安さが特徴で、財布を気にせず気軽に遊べる。

お得なのりもの券を買って、おもいっきり遊ぼう!

一般の遊園地に比べ非常にリーズナブルですし、小さい子は十分満足できると思います

1 2





だらくださん

どうぞよろじぐおねがいじまず。



  • 話題の動画をまとめよう