1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日本すごい…。エボラを寄せ付けない殺菌マスクができた

日本の技術が、エボラ出血熱対策にまた貢献してる!

更新日: 2014年10月24日

ikelongonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
265 お気に入り 218171 view
お気に入り追加

エボラを寄せ付けない殺菌マスク、アフリカへ無償提供!

愛知県豊橋市のメッシュ製造企業が、ウイルスを不活性化させるマスクを独自開発した

アフリカのギニア、リベリア、コンゴにエボラ出血熱対策のために無償提供する

その殺菌マスクのすごい性能

実は、新型ウイルス「マーズ(MERS)コロナウイルス」対策用に開発された高性能マスク。

※画像はイメージです。

開発したマスクは、エボラウイルスより小さい100ナノ・メートル(ナノは10億分の1)の網目のポリエステル繊維の7層重ね

このマスクにウイルスに効果のある消毒剤を固着させた

「4級アンモニウム塩」などの殺菌効果のあるものを染み込ませているそう。

広島大の実験では、このマスクでほぼ100%のウイルスが死滅

今回、エボラウイルスでも、その粒子を食い止め、仮にウイルスが付着した場合でも99%殺菌できるマスクの製造に成功した

実は、静電気によって、ウィルスも引き寄せられる。

さらに、このマスクは静電気をためない特殊な加工を施しており、ウイルスが付きにくい構造

普通のマスクは静電気でウイルスがマスク表面に付着してしまい、空気感染しないエボラ出血熱のウイルスに触れてしまう恐れがある

エボラウィルス院内感染を防げ!

エボラ感染者が、来院してから診察・隔離されるまでに、人との接点があまりにも多く、看護師をはじめとする医療現場で働く人々がエボラウィルスにさらされる可能性が高い

アメリカで治療に関わった看護師のニーナ・ファムさんは防護服を装着していたにもかかわらずエボラ熱に感染した

米疾病対策センターは、さらなる手段を講じるか現地の習慣が変わるかしなければ、来年1月までの西アフリカでの死者数は最大140万人に達すると推計

おなじみの感染症やPM2.5にも効果あり

ノロウイルスやインフルエンザウイルスを死滅させ、粒子状物質「PM2.5」対策にもなるマスク

1





ikelongonさん



  • 話題の動画をまとめよう