1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

初対面の相手との雑談が苦手な人は「見たまま」を言ってほめると上手くいく!

普段の生活やビジネスシーンで必須のスキル"雑談力"。しかし、中には人見知りしてしまい、初対面の相手との雑談がどうも苦手だなという人もいるかもしれません。そこでここでは、相手の"「見たまま」を言ってほめる方法"を紹介します。ちなみにこの方法、気まずい沈黙になった際にも有効です。

更新日: 2016年02月12日

springspringさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
502 お気に入り 165795 view
お気に入り追加

-初対面の相手との雑談が苦手な人は多い

初対面の人とかと雑談するのに困るのが、共通のネタが無い事。新聞嫁とかはそう言う意味なんだろうな。

-そもそも雑談とは?

"雑談力"はビジネスにおいても重要なスキル

雑談がちゃんとできればビジネスでも信頼感が得られる

心理学で言うところのラポール(人と人との間がなごやかな心の通い合った状態であること)。

-しかし、初対面の相手との雑談はやっぱり難しい

初対面の社長と"雑談"するのは難しい。事前にシナリオ考えていくんだけど緊張して忘れる。あと、どうして早口になってしまう。

最近ビジネスの雑談力とかモテる会話術とか全部聞き上手を目指そうとしてるから誰も自分から話そうとしなくなって困りますよ

-何か良いコツはないだろうか…

とっかかりとして、こういう方法があります。

-それはズバリ"「見たまま」を言ってみる"こと

素直に「見たまま」を言ってみるのです

雑談が途切れて「気まずい沈黙」が訪れてしまう。用意した会話のネタを思い出そうとしても、あせってしまえば会話のネタは出てこない。そんな時はリラックスして、目に入ったものを思ったまま言葉にしてみましょう。

-ただし、何でもかんでも「見たまま」を言えばいいわけではない

もちろん、失礼な言葉を伝えると、それは失礼になります

1 2







  • 話題の動画をまとめよう