1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

地元民が教える!新潟で「へぎそば」を食べるならこのお店【10選】

新潟が生んだ独自のそば「へぎそば」ツルっとしたのど越しと腰の強さは、ほかのそばでは味わえない。

更新日: 2014年10月26日

LuvShmmyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
281 お気に入り 261793 view
お気に入り追加

「へぎそば」とは!?

新潟県魚沼地方発祥の、つなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使った蕎麦をヘギといわれる器に盛り付けた切り蕎麦。

へぎ(片木)と呼ばれる器に載せて食されることからこの名がつきました。

また、ゆでたそばを手を振りながら、水から揚げ、へぎに盛りつける特有の動作から、「手振りそば」とも呼びます。そばの丸めひとつを「ひと手振り」といいます。

へぎそばの特徴は、まずなんと言ってもそばのつなぎにふのりを使用し、つるつるしこしこした食感であることです。

「名代生そば 由屋」

厳選された地元の玄そばを石臼でひき、ふのりでつないで、打つという一連作業をすべて自家製で行っています。

渡辺謙さんが、おススメした名店です。テレビで紹介される前から、観光バスが止まるくらいで、新潟県でも有名なへぎそばのお店です。

店の入口にあるウルトラマンの人形が目印。

そばが来る前に漬物や煮物のサービスも嬉しいところ。

「道光高原そば いたや」

一見普通の民家のような店舗で味わうのは、この地に昔から伝わる技法で打たれた素朴な田舎そば。挽きたて、打ちたて、茹でたての独特の甘味や香りが堪能できる。

春先は「たらの芽」「ふきのとう」の天ぷらが楽しめ、それが本当におそばに良く合います。

素朴な佇まいが懐かしい田舎そばの名店。

この店はお昼だけの営業、そばが無くなり次第終了なのだそうです。

「中野屋」

選りすぐりのそばの実を石臼でじっくりと丹念に必要な量だけ挽くので、いつも挽きたての香り豊かなそばが味わえる。

中野屋で締めにそば湯を頂くと、他のお店のものよりもしっかりとしたそばの風味が感じられることにびっくりすると思います。

昭和45年築の古い建物ですが、改装されているためすごく綺麗です。

中野屋はそばはもちろんのこと、うどんもおいしいです。

「薬師」

頑固なまでも手打ちにこだわって毎日頑張っています。自家製そば・うどんをぜひお召し上がり下さい。

手打のそばは、そばの葉の若芽を粉末にしたルチンを加え、つなぎに山芋を使用するなど独自のこだわりを見せる。

丈屋造りの大農家を移築した店内には、囲炉裏、ワラ靴などの民具が展示されており、懐かしくほっとする空間だ。

休日などは県外からも多くお蕎麦を食べに来る客が多く
地元の人や県外の人たちで大人気でなかなか入れないとのことでした。

1 2 3





LuvShmmyさん

「衣・食・住」に関する事を中心にまとめます。日々のライフスタイルが少しでも楽しくなってもらえたらと思ってます。。。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう