1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

嫌われる原因かも…?ケチな人だと思われがちな5つのNG行動

出費を抑えることは良いことでも度が過ぎるとケチな人と思われることがあります。周りから“ケチ”と呼ばれてしまう人は、どのような行動をとっているのでしょうか?

更新日: 2014年10月30日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
228 お気に入り 207151 view
お気に入り追加

●ケチな人は周囲から嫌われてしまう?

余計な出費を抑える節約生活も度を過ぎると、ただの「ケチな人」と思われてしまうだけ。

ケチは、常日頃から出し惜しみし、出すべきときにも出さない。だから、人から嫌われてしまうのです

・「節約」と「ケチ」は、大きな違いがある?

目的を持ってお金の使い道を考えるのが「節約」。お金を使わないこと自体が目的になっている人が「ケチ」

節約とは、“無駄を省いた賢い生活術”であって、やみくもに出費を削る単なるケチとは大違いです。

この両者を混同したまま“ケチ”のほうに流れてしまうと。心まで貧しくなり人間関係を台無しにするなど大きな代償を払うことになるでしょう。

●ケチな人と思われがちな5つのNG行動

1.他人にどう思われても、自分が良ければ問題ないと考える

ケチな人は、基本的にまわりの目を気にしない。他人にどう思われても、自分が良ければ問題ない。

・主な行動

・普段から自分に不利になることはしない(金銭面に限らず)
 ・みんなで遊ぶときに運転手や幹事などを明らかに嫌がる
 ・自分の趣味にジャブジャブお金を使う(そこそこ稼いでない限り他人のためにお金を使わない)
 ・たまに奢ったりすると、それをいつまでも誇らしげに語る
 ・やたらと原価を気にする

2.人にお金を使うことが出来ない

その考えが全て間違っているとは思いませんが、お金は使ってこそまた巡り巡って自分に返ってくるものです。

3.冠婚葬祭の出費を渋る

人との付き合いで欠かせない冠婚葬祭は必要になる金額が大きくなりますが、ケチってはいけない部分です

4.飲み会で、自分がたくさん飲んでも割り勘にする

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう