1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

情熱のバルセロナ!今、見たい7つのガウディ作品群。

情熱の国、スペイン。芸術を感じる建築を数多く残したガウディの今、見たいバルセロナの7つの作品群について。

更新日: 2014年10月29日

JPNMILANOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
314 お気に入り 60269 view
お気に入り追加

グエル公園

市内北側の山の手にあるグエル公園も、言わずと知れたガウディ作の世界遺産。1900年から1914年にかけて建設されたものですが、実はこの公園、ブルジョワ階級向けの庭園住宅になる予定でした。

資金面などの問題により工事は中断されましたが、市民の憩いの場として壮大な公園として生まれ変わりました。

まるでテーマパークに来たような錯覚をおこしそうなくらい、公園入り口から風変わり! グリム童話のお菓子の家のような建物が入り口の両側にあり、左側は土産物店、右はインフォメーション。

グエル邸

室内には複数の寝室、使用人の部屋、来賓用のサロン、演奏会場(楽団室)、ビリヤード室、そして 厩舎など様々な用途別の部屋やスペースがあり、グエル一家の豪華な暮らしぶりが伺えます。

カサ・ミラ

カサ・ミラは約100年前に建てられた世界遺産でありながら今も人が住んでいるアパート。

現在でも4世帯が居住、住人は昔からの賃貸契約を代々引き継いでいるらしく、7部屋ある豪邸がなんと月1200ユーロという安さだそう。

住人がいるマンションなので、建物全部を自由に見学できるわけではありませんが、屋上、最上階、最上階の1つ下の階、そして2階が見学可能。

カサ・ビセンス

タイル業者のマヌエル・ビセンスからの依頼で造られた建物「カサ・ビセンス」は、ガウディがまだ直線的な構造を多様していた頃の建築物。

1 2 3





JPNMILANOさん

デザインとグルメ、猫のまとめを中心にやっていきます。



  • 話題の動画をまとめよう