1. まとめトップ
8 お気に入り 91875 view
お気に入り追加

あの日を境に急激減少中!

平成24年2月からの落ち込みが激し過ぎる
総務省統計局・人口推計より
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.htm

※23年3月の落ち込みは出国者が41万6千人もいた影響だけど、その翌年以降の影響は、やはりアレか?

落ち込むばかりなので
これまでの尺度だと収まらなくなってきたようで・・・

平成22年10月の国勢調査のタイミングから総人口の公表値が大きくなっている。
それでも人口の急落度合いは分かるのだが・・・。
この数値は当時から公表されているものだが、
2016年2月まで公表していたグラフはどんな数字を元に作成されていたのだろう・・・。

うまい具合に「少子高齢化の影響」とか言えちゃいそうですね♪

15~64歳人口の減少幅も発表しなくなった!!

前年同月比100万人減のペースだったから、発表しづらくなったのかな。

【平成28年8月1日現在(概算値)】
<総人口> 1億2700万人で,前年同月に比べ減少      ▲14万人 (▲0.11%)
【平成28年3月1日現在(人口速報を基準とする確定値*)】
<総人口> 1億2696万3千人で,前年同月に比べ減少 ▲11万7千人(▲0.09%)
 ・0~14歳人口は 1604万5千人で,総人口に占める割合は  12.6%
 ・15~64歳人口は 7664万5千人で,総人口に占める割合は   60.4%
 ・65歳以上人口は 3427万3千人で,総人口に占める割合は  27.0%
<日本人人口> 1億2521万5千人

【平成27年9月1日現在(確定値)】
<総人口> 1億2687万6千人で,前年同月に比べ減少   ▲17万1千人(▲0.13%)
 ・0~14歳人口は 1609万6千人で,前年同月に比べ減少 ▲14万4千人(▲0.88%)
 ・15~64歳人口は 7698万7千人で,前年同月に比べ減少 ▲91万6千人(▲1.18%)
 ・65歳以上人口は 3379万2千人で,前年同月に比べ増加   88万9千人( 2.70%)
<日本人人口> 1億2517万6千人で,前年同月に比べ減少 ▲26万9千人(▲0.21%)

総務省発表の人口動態調査によると、国内日本人の #人口 は、前年より27万1058人減少し1億2616万3576人となった。6年連続で減り、減少数は調査開始の1968年以降で最大に(共同通信)bit.ly/1R3Q4ma

ウクライナのザポリージャ原発の影響か、福島のが一周したとかで、西日本も高線量な日が続いてましたが
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3206.html

チェルノブイリ周辺諸国と全く同じことが始まっている。なんと4年で100万人減少!! blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/a618a…

平成23年3月、約41万6千人が日本を出国した

2011年3月、日本の人口は22万2千人減った。
約41万6千人が日本を出国したからだ。415,609人。
ちなみに震災死者数は約1万6千人。

ホットスポットで異常事態!>千葉県松戸市の孤独死189人のうち20人が20~40代(過去最多) blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/cf4bd… ――いわゆる突然死だな。こういう伝え方になるのか

名無し:01/16 13:52 ID:- 2011年からの3年間で日本の総人口が約80万人減少した、て事実はどう考えたって本来なら間違いなく政府が非常事態宣言するレベルなんだけどな…。2010年の場合だと僅か2万人減少しただけだったことを考えればね。 #政府はほおかむりするのみ

前のまとめ↓
http://matome.naver.jp/odai/2136611944583253401
167410 view、4748 tw、4512 FBいいね、”日本の人口”でグーグル検索上位に。

制限理由は不明。
一旦非表示にされると復活は無いようなので、
他への引越し等、いろいろ模索中。
とりあえずいろいろ注意しながら試験的に新まとめをアップ。

そのまま作り直すのも芸が無いので、動画で説明することにしました。

人口減少国ワースト20のうち、グルジア、モルドバ、リトアニア、 ウクライナ、ブルガリア、ベラルーシ、ラトビア、ルーマニア、ロシア、ハンガリー、クロアチア、エストニア、 ポーランドの実に13ヶ国がチェルノブイリ周辺国である asyura2.com/15/genpatu43/m…

チェルノブイリの経験から、30年の間に5000万人が死亡すると推測される ameblo.jp/sunamerio/entr…

ベラルーシ 10239000 (1993) 9470000 (2014) 769000 76万人減 (7%減) 粗出生率  17.1 (1985) -> 8.8 (1997) 1000人当たり人数 粗死亡率  10.1 (1985) -> 14.9 (2002)

ウクライナ 52179210 (1993) 45362900 (2014) 6816310 681万人減 (13%減) 粗出生率 15.0 -> 7.7 (2001) 粗死亡率 11.8 -> 16.6 (2005)

1 2





緊急事態宣言発令中につき転載歓迎。



  • 話題の動画をまとめよう