1. まとめトップ

171年ぶり!?2014年11月5日に”後の十三夜”が観測できる!

2014年11月5日は171年ぶりに”後の十三夜”が観測できます!”後の十三夜”とは閏(うるう)月があり、同じ年の2回目の十三夜です。人生に1度見られるか見られないかの奇跡の月”後の十三夜”是非お見逃し無く!

更新日: 2014年11月03日

ゆさとなさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
17 お気に入り 70049 view
お気に入り追加

▼2014年主な月の観測

出典ameblo.jp

お月見というと旧暦八月十五日の十五夜がもっとも有名ですが、日本では古来もうひとつ旧暦九月十三日の十三夜も

9月8日 中秋の名月
9月9日 スーパームーン
10月6日 十三夜(栗名月)
10月8日 皆既月食
11月5日 後(のち)の十三夜←171年ぶり

▼後の十三夜月ってなに?

”後の十三夜”が出現するのが171年ぶりだ。
一生に一度見れるか見られないかの天体観測なのだ!
これを逃したら次はいつになるのか。。。
必ず見届けたい!

2014年は9月8日が中秋の名月(十五夜月)で、10月6日が十三夜月でした。例年だと名月はこれで終わりですが、2014年は3度目の名月があります。

旧暦で言う9月13日の月のことです
今年で言えば10月6日の月です
十五夜からみて1ヶ月後の月です

▼171年ぶりの後の十三夜

旧暦8月15日の「十五夜(中秋の名月)」と、
旧暦9月13日の「十三夜」は名月といわれ、
あわせて眺めるのが古くからの習わし。
どちらか一方のお月見しかしないことを片月見(かたつきみ)と呼んで、縁起が悪いと嫌われていたほどです。
平年の名月はこの2回だけですが、
今年は171年ぶりに「後(のち)の十三夜」が出現します!

旧暦は現在の暦(365日)に比べて日数が少ないため、
約3年に一度、閏月(うるうづき)を挿入して暦を調整している。
2014年は閏月を挿入する年だが、9月の後に閏9月が入るため、
暦の上では旧暦9月13日が2回出現するため、十三夜も2回になる。
前回「後の十三夜」があったのは1854(天保14年)なので、実に171年ぶりのこと。

前回、後の十三夜があったのは、
1843年(天保14年)のことです。
171年前で、大塩平八郎の乱のすぐ後です。

▼確実に観測をするには?

171年ぶりの奇跡の月を見逃してはいけないが、月は『流星群(流れ星)』などと違い、長い時間目視することができるので、そこまで気にする必要もないかもしれないが、そこは奇跡の月と言われる位なので確認しておこう。

月の出:11月5日 15時40分
月の入:11月6日 3時53分

1





ゆさとなさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう