1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

尊厳死を希望した20代アメリカ人女性の決意 ~望む死の実現が考えさせられる

悪性の脳腫瘍で余命6ヶ月と診断された20代のアメリカ人女性ブリタニー・メイナードさんが、尊厳死を望み自ら死を選ぶと宣言した動画を公開して話題となっていました。予定通りの2014年11月1日に安楽死を選択し近親者に見守られながら息を引き取ったと報道がありました。

更新日: 2014年11月21日

tbizさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
66 お気に入り 93667 view
お気に入り追加

■尊厳死を予告していた米女性、宣言通り11月1日に死を選択

・余命6ヶ月 末期の脳腫瘍と診断された20代のブリトニーさん

余命6ヶ月と宣告されていたブリタリーさんが選択したのは投薬による安楽死だった。

カリフォルニア在住だったが、「死ぬ権利」が認められるオレゴン州に移住した。

今年1月に余命6か月の宣告を受け、侵攻性のがんであることから苦痛を伴う死になると告げられた。

→ 2014年1月 悪性の脳腫瘍を宣告された。

末期の脳腫瘍を患い、11月1日に自らの命を絶つと宣言

→ 神経膠芽腫(しんけいこうがしゅ)、悪性の脳腫瘍

神経膠細胞から発生する腫瘍の総称が神経膠腫(グリオーマ)で、最も悪性のものを神経膠芽腫といいます。

・尊厳死を選択し、その決意を動画で公表したブリトニーさん

末期患者が米女性 来月1日「安楽死」公表

末期の脳腫瘍を患いインターネット上で尊厳死を予告する動画を公開して話題を呼んでいた

出典AFP=時事

→ 公開された動画は多くの人に閲覧された。

少なくとも末期ガンとかで、もう苦痛を軽減するしか手の施しようがないという人に対しては安楽死を選択肢に入れてあげるべきだと思うんですよね。色んな利権やらなんやらが絡んでて実現は難しいのかもしれませんが。

ニュースでしか情報が得られてないから平坦な話に聞こえるけど安楽死を選ぶまでに相当な事があったと思うんだよね 病気やら治療やら介護やら

・予告通り「尊厳死」を選択した

人生の幕を閉じる日は、夫の誕生日の10月26日と自身の誕生日の11月19日の間になる予定と語っていた。

尊厳死予告の米女性が自殺 「さようなら、世界」

出典AFP=時事

“尊厳死”宣言通り死亡 「さよなら世界のみなさん」。末期がんで余命半年と宣告され、安楽死を予告していた米国人女性が1日、予告通りに自ら死を選んだ。米オレゴン州の自宅のベッドで家族に囲まれ、医者から処方された薬を飲(・∀・)

安楽死こわいなぁ

→ 自殺、安楽死、尊厳死などいくつかのコトバの表記に差がありますが、このケースでは「本人の意思」による死なので「尊厳死」が適切なのではないかと思います。

自殺と尊厳死と安楽死の境界線か…。これは難しい。

■自殺幇助が認められる地(オレゴン州)に移住

オレゴン州は末期患者が自らの手で命を絶つ「安楽死」を選ぶことができる

米国内で「死ぬ権利」が認められている数少ない州の一つ、オレゴン(Oregon)州に夫と共に移り住むと、先月に自らの命を絶つと宣言

出典AFP=時事

→ 「死ぬ権利」を求めて移住。

オレゴン州では尊厳死法が成立しており、何百もの末期症状患者が医師に処方された薬剤で自ら命を絶っている。

→ オレゴン州では尊厳死法が成立している。

尊厳死支援団体「コンパッション・アンド・チョイセズ (Compassion and Choices) 」で活動

→ 尊厳死支援団体で活動するとともに尊厳死のサポートを受けた。

・自殺幇助が合法のスイスへの渡航者も増えている

自殺幇助の支援団体のサポートの下でスイスへ渡る自殺志願者が増えている。

不治の病で苦しむ人にとっては、尊厳死を選択できる。

現在の医療技術では患者の痛みを完全に取り除くことは不可能

1 2 3





お役に立てるように頑張ります。
・玉井詩織が描いた似顔絵
http://urx.nu/aseh 
・有安杏果 GIF動画集
http://urx.nu/asel



  • 話題の動画をまとめよう