1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

見れた人はラッキー!西日本に『火球』出現

UFO?火の玉?流れ星?福岡など西日本の各地で3日夜、上空を飛ぶ光る物体の目撃情報が相次いだ。その正体は……

更新日: 2014年11月04日

wampoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
97 お気に入り 146400 view
お気に入り追加

西日本に出現!光り輝く火球

火球ですね~ "@breakingnews_jp: 【西日本で隕石の目撃情報相次ぐ】 11月3日夕方、「隕石を見た」目撃breaking-news.jp/2014/11/03/013… 福岡・広島・愛媛などを中心に、西日本全域で目撃された模様。 pic.twitter.com/bTtrFVPbeR"

2014年11月3日17時52分の火球 流れ星?隕石?2014年11月3日福岡県・ドライブレコーダーにて: youtu.be/ygqEUJcgSeQ @YouTubeさんから

幸運にも目撃した人は……

火球はすごくゆっくり現れて、ゆっくり空を横切って行ったので、何かの冗談みたいだった。繰り返し思い出して記憶を強化しないと火球が空に消えていったように記憶も消えていってしまいそうだ

最初隕石や!!!やばい!!!死ぬ逃げな!!!どーする?!?!みたいになってて口ぽかーんしながら火球見てたの

UFOじゃありませんでした。笑笑 火球だって〜、無駄にテンション上がってたわ〜笑笑

人生2度目の火球を見たよ。とても美しかった。そして、少し怖いのです。

非現実的な、それでいて美しいという火球。
どうやら流星の仲間のようですが、
流れ星とどこが違うのでしょうか?

(画像はイメージです)

火球ってナニ?

砂粒ほどの小さな天体が地球の大気圏に飛び込み、大気との摩擦熱によって高温になり発光する現象です。これを一般に「流星」と呼んでいます。なお、特に明るいものは「火球」と呼ばれます。

一般に-3〜-4等級よりも明るい流星の事である。火玉(ひだま)とも言われる。大気中で蒸発したものも、隕石となって地表に落下したものも、一定以上の明るさで光れば、どちらも火球と呼ばれる。

写真で収められるということは極めて珍しく、価値の高い天体ショーとなります。しかもいつ見れるかもわからないので、目撃できた方は非常に幸運だ

なるほど、では燃え残った火球は隕石になるわけですね。はるか彼方から地球へやってきた火球。なんともロマンを感じさせます。

目撃できた人は本当にラッキーでしたね!


(画像は隕石の一種『阜康(フカン)隕石』)

流れ星と願掛け

日本国内において最も有名なのが「1つの流星が輝いている間に願い事を3回唱えると、その願いが叶う」

でも、流星が飛んでいる間にお3回もお願いを唱えるのはとてもむずかしいことです。

地球に秒速20km~70kmという猛スピードで飛び込んできます

「いつ現れるわからず、そして一瞬で消え去ってしまう流れ星に3回も願い事を伝えられるほど、いつでもどこでも常に自分の目標や願いを考え続けていれば、必ずそれは実現するよ」

※個人の意見です

Photo by Comstock / Stockbyte

さて、火球を見た人は願いごとが唱えられたでしょうか?たまには夜空を見上げてみるのもいいかもしれません。

思わぬ良い事があるかも??

みんなの意見

流れ星ぐらいなら騒ぎにならないはずで、変だなと思ったら「隕石が・・・」という一般人の通報だったのね。「火球」って奴だと思いますけどね。

「火球」昔、田舎で観たことあるわ(^.^) 余りにもでかい流れ星やったから、落ちて来るんか!?と思って恐かった思い出がある(^_^;)

西日本で3日夜光る物体の目撃多数。火球ではないか。

わぁ、西日本では火球が見られたのですね。黄昏の空を駆ける火球、綺麗だったろうな…。

1





珍獣・びっくりおもしろいこと、気になるカラダのこと、まるっとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう