1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

ハニカムシートで素敵なクリスマスデコレーション

インテリアとして人気が高まっているハニカムボールを作るハニカムシート。切り方や使い方のアイディア次第でクリスマスデコレーションに活躍しそうです♫クリスマスが終わったらコンパクトに畳んで収納できるのもハニカムボールの嬉しいポイント!

更新日: 2015年12月18日

nonopokoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
263 お気に入り 56677 view
お気に入り追加

ハニカムボールの材料ハニカムシートって?

ハニカムシートは、薄葉紙を筋状に何枚も貼り合せたもので、シートの両端を引っぱると断面ははちの巣模様に展開します。
平面から立体に展開でき、カットのしかたや展開の角度で様々に変化するため、「飛び出すカード・絵本」「動くおもちゃ」などに使えます。

写真のように広げるとじゃばらになっています。

なにしろ切ってびろ~んと拡げるだけで無限に遊べそうな世界が誕生します。

まずは簡単な雪だるまづくりから

クリスマスの飾りつけにも使える雪だるま。
表情で印象がかわるから楽しいですね。

はにかむペーパーは中がじゃばらになっています。
雪だるまはこの形に切り取ると・・・。

帽子は台形型に切った好きな紙をハニカムシートで作った雪だるまにはさむだけ。

雪をイメージする白を使ったインテリア

中にヘップを入れるとより完成度が高くなります。

先端にリボンをつけるだけでよりクリスマスっぽくなりますね。

シンプルだけど洗練された印象。

オーナメントとして飾っても素敵。

色付けも可能

好みの色がない場合は染色してみましょう

バテックカラー(和紙染料)でハニカムシートに色を付けます。
乾燥させると色は薄くなるので、自分のイメージより少し濃い色で染めるとうまくいきます。
また、ハニカムシートは、とても吸水性がよいので染料は多めに作っておくと安心です。

染めたハニカムシートは風通しの良いところで完全に乾燥させてから開きます。
※乾燥の途中にハニカムシートを開くと、破れの原因となります。

香りづけもできるから一石二鳥

アロマなどの香りをシュッとひと吹き!
ハニカムシートで作ったクリスマスオーナメントにつければ、香りでも癒されて一石二鳥。

大きいサイズでも使わない時はぺったんこ

使わないときはペッタンコの板状で、使うときはあっという間に立体になる、ハニカムペーパーの特性を活かしたデザイン

使わない時にぺったんこにしてしまっておけるのが、こういう季節ものには嬉しい限り。

好きな紙でもハニカムボールは作れる

使わない紙で作るハニカムボールもかわいい

英字のハニカムボールってどことなく知的な印象がしますね。すっごくおしゃれだな〜と思いました!

1 2





nonopokoさん

手作り、DIY、リメイクが好きです。
自分の気になるネタを中心にまとめていきます。
みなさんのアイディアの参考になれば嬉しいです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう