1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

ひきこもりにやさしい!?話題のブランド『ハトラ』とは?

部屋を持ち運ぶことをコンセプトにしているハトラについてまとめてみました。つい最近では着用できるこたつで話題になりました。

更新日: 2016年07月24日

plutocharonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
978 お気に入り 195807 view
お気に入り追加

「部屋」がテーマ!!注目ブランド『ハトラ』

デザイナー長見佳祐により2010年に立ち上げられた、ユニセックスウェアレーベル。フードウェアを中心に「部屋」を主題に居心地のよい服を追求・提案している。

ハトラは、長見佳祐により2010年に立ち上げられた、ユニセックスウェアレーベルです。 ネットを通して生まれてきた新しい環境(ストリート)を背景に、「部屋」をテーマに 現代の生活に最適化された居心地のよい服を作っていきます。

引きこもりの味方!?コンセプトが面白い

”ハトラ”の服のコンセプトとして家の中で居心地が良く引きこもりな生活をしていているような人でもその居心地をそのまま外に持ち出せるような心地よく安心できる服というものをテーマにしており、それに加え二次元の服の世界観をそのまま三次元に落とし込むようなデザインを提案している。

「部屋の居心地を持ち歩きたい」という理念のもと、人と社会の境界線について考え、ひきこもり生活をしている人がその居心地の良い空間を外にも持ち出せるような心地良く安心できる服をデザインしている。

ありそうでないコンセプトです。

”ハトラ”の魅力は着心地だ。「自分の居心地の良い空間を外にも持ち出す」まさにそのコンセプト通り、スエット素材が心地よく体にフィットし着心地の良さは天下一品。

パーカーが目玉

ブランド立ち上げ当初から、毎シーズン細かな改良を加えているスウェットパーカーは、ブランドを代表するアイテムとして知られている。

「居心地の良い服」をテーマにやわらかな素材を使い、パーカを中心とした服作りを行う。

ZIPUPロングモデル。しっかりと度詰めでヴィンテージスウェットのような表情。吊り裏毛で裏地は逆に柔らかく着るほどなじみます。立体に構成したフードだったり各ディテールにステッチを入れてハトラらしいこだわりも感じます。

アシンメトリー多切り替えパーカー。もちっとした柔らかさにしっかりとした張りがある特別な生地です。裏毛もながく表情が豊か。こちらのモデルはアシンメトリージップモデルで襟こしから立体的に構成したフードが付いています。ZIPの開け方によって見え方が変わります。

「Future Beauty 日本ファッションの未来性」展に出展

ブランドをスタートして僅か1年にも関わらず、「Future Beauty 日本ファッションの未来性」展への出展や レディー・ガガへの衣装提供を行なっている。

「hatra」は、「COMME des GARÇONS(コム デ ギャルソン)」や「Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)」のコレクションピースが展示された「Future Beauty 日本ファッションの未来性」展に出展し注目を集めた。

今回の展示作品に選ばれてびっくりしました。作品がどんな風に展示されているのか、これから見に行くので楽しみです。まだ2シーズン目ですが、これからこのスタイルからいくらか変遷をへて進化させていきたいと思っています。

1 2





ファッション、文学、哲学が好きです。ファッション、文学、現代アート系のまとめを書いていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう