純正ホイールは、スポークタイプのため車両に装着する際、ボルトの位置が分かりやすいのですが、社外アルミホイールはディスクがディッシュ系のデザインのため、ボルトの位置が分かりづらく、取り付けに苦労しています。これを使えば、ホイールの重さに耐えながら位置合わせをすることもなく、簡単、安全に作業ができそうです。

出典【楽天市場】RABRINGMANさんのエマーソン タイヤリフター クルピタ丸『タイヤ交換・ジャッキ』(くるぴたまる)【05P01Nov14】(雪国ドライバーズパートナー) | みんなのレビュー・口コミ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【トレンドたまご】車のタイヤを楽々交換!!タイヤリフター クルピタ丸【突然のパンクや積雪】

とれたまレポーターが新製品・新サービスの 卵たち を体験レポート。今回は「ニューレイトン社・タイヤリフター クルピタ丸」です。

このまとめを見る