1. まとめトップ

【2014衆院選】的中率1位は?総選挙の結果予想・情勢調査・出口調査まとめ

2014年12月の衆議院議員総選挙について、各紙、週刊誌、識者らによる情勢調査、結果予測、世論調査の推移をまとめています。また、実際の選挙の結果と照らしあわせて、各予想がどれくらい正確だったかを検証しています。的中率No1だったのは・・・?

更新日: 2015年01月04日

inuinuwanwanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 468021 view
お気に入り追加

2014年12月に行われる衆議院議員総選挙の結果予測をまとめます。今回の総選挙から、1票の格差是正のための「0増5減」の適用により、定数は475に減少します。

【このまとめの構成】

◆最も結果に近かった予想は?
 -情勢調査
 -公示後の予測(12/2~)
 -公示前の予測(~12/1)
 -解散発表前の予測(~11/18)
◆注目議員の当落は?

衆院選の結果
自民291、民主73、維新41、公明35、共産21、次世代2、生活2、社民2、無所属8

◆最も選挙結果に近かった予想は?

※画像クリックで拡大できます。

転載・引用はご自由にどうぞ。

※各党ごとの結果との差の絶対値の合計値を基準に、差が少ない順に並べています。

◆的中率が高かった予想

1位 2ch(議席予想スレッド11月28日時点のスレッド共通見解)
結果との差 20 (的中率95.7%)

2位 ニコニコ動画(12月9日予想)
結果との差 26 (的中率94.5%)

3位 川上和久氏(12月1日)・児玉克哉氏(11月24日)
結果との差 32 (的中率93.2%)

◆的中率が低かった予想

ワースト1位 週刊ポスト(11月23日発売号)
結果との差 160 (的中率66.3%)

ワースト2位 白鳥令氏(11月25日予想)
結果との差 154 (的中率67.5%)

ワースト3位 野上忠興氏(11月25日予想)
結果との差 108 (的中率77.2%)

◆その他、大きく外れた予想

ミスター円・榊原英資氏
自民党は、ほとんどの予想より多く議席を減らすだろう。
http://matome.naver.jp/odai/2141590440125006901/2141742838361406603

やまもといちろう@kirik氏
三回目の公示前調査で、素直に数字入れて解析したら
与党が385議席予測とかになってて三度見した。
http://matome.naver.jp/odai/2141590440125006901/2141693426995641603

日垣隆@hga02104氏
首都圏で自民は圧勝するでしょうが、地方では野党が善戦すると思います。
自民単独過半数は、難しいはず
http://matome.naver.jp/odai/2141590440125006901/2141733461544119603

※画像クリックで拡大できます。

転載・引用はご自由にどうぞ。

◆的中率が高かった速報値

1位 NHK
結果との差 8.5
(NHKは幅のある速報値を発表しているため、中央値を算出して結果との差を測定しています)

2位 TBS・フジ・日テレ
結果との差 12

5位 テレ朝
結果との差 16

6位 テレ東
結果との差 28

※NHKは支持政党

画像クリックで拡大できます

【情勢調査】

日経(12/11)

自民300議席の勢い保つ、民主横ばい 衆院選終盤情勢
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H4X_R11C14A2MM8000/

●自民
単独で300超をうかがう。308を上回る可能性も
選挙区:210台半ばを固め、当選有力圏を含めると250をうかがう
比例:70超 過去最多の77を上回るのは難しそう

●公明
公示前31から伸びそう

●民主
公示前62からの上積みは接戦区の動向次第
選挙区:確実・有力圏内は20台にとどまる
比例:固めたのは30台半ば

●維新
終盤でも勢いが出ない
比例代表でも20台にとどまりそう
公示前42から減る公算が大きい

●次世代
公示前20からの大幅減は必至
比例:議席獲得の可能性が出てきた

●共産
選挙区:1を競っている
比例:15を固め、さらに上積みが望める

●生活
合計3以内の可能性が高い

●社民
固めた議席が2から1に減少

朝日(12/11)

自民 305(290-318)
公明 33(29-35)
民主 78(66-89)
維新 27(22-34)
次世代 2(1-5)
共産 18(15-20)
生活 2(1-4)
社民 2(1-3)
他  8(5-10)

中日(12/10)

自民 314(284-332)
公明 34(30-36)
民主 72(54-91)
維新 26(24-33)
次世代 2(1-3)
共産 17(15-18)
生活 2(1-2)
社民 2
その他 6(2-11)

産経(12/8)

産経新聞(12/8)
http://www.sankei.com/politics/news/141208/plt1412080024-n1.html

●自民 311(306-331)
衆院の3分2に当たる317をうかがう勢い
選挙区:200前後を固め、優勢を含めると約220。青森、群馬、山口など21県で選挙区全勝の可能性。大都市圏では東京、神奈川などで地滑り的勝利を狙える勢い。
比例:80議席が射程
●公明 32(31-33)
31以上を確保する公算が大きい
●民主 69(63-79)
目標の100は極めて難しく、80にも届かない可能性がある
●維新 26(21-31)
●次世代 2(1-3)
●共産 15(14-18)
●生活 2(1-3)
●社民 2(1-2)
●その他 6(5-8)

毎日(12/7)

●自民(303~320)
●公明(33~36)
●民主(65~81)
●維新(23~29)
●次世代(2)
●共産(15~20)
●生活(1)
●社民(1~2)

時事通信(12/7)

自民300議席超も=民主伸び悩み、維新苦戦-共産倍増・衆院選情勢【14衆院選】
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2014120700141

●自民
単独で300を超える可能性
小選挙区:近畿でも復調し、180を超える選挙区で当選圏
約80選挙区で民主党などと接戦。うち55選挙区でやや優勢
比例:過去最多の05年の77に迫る勢い

●公明 
堅調で公示前31を増やしそう
選挙区:9人全員の当選が有力
比例:前回より上積みの見込み

●民主
公示前62は確保しそうだが、伸び悩んでいる
選挙区、比例とも前回をわずかに上回りそうだが、100の大台には届きそうにない

●維新
公示前42の維持は困難
選挙区:12選挙区で競り合うが、当選圏入りはなし
比例:旧維新の40を大幅に下回りそう

●次世代
大幅減の見通し

●共産
公示前8の倍増が視野
選挙区:18年ぶりに選挙区で議席を獲得する可能性
比例:前回は議席に届かなかった北信越、中国も含めて健闘

●生活
公示前5を割り込む

●社民
2を維持しそう

毎日(12/4)

自民 320(305-334)
公明 33(30-35)
民主 67(56-81)
維新 28(21-35)
次世代 2(1-3)
共産 14(12-19)
生活 2(1-3)
社民 2
その他 7(3-10)

共同通信(12/4)

自民300超、民主70前後か 衆院選序盤情勢http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014120401000682.html

●自民
300超を獲得する勢い

●公明 
堅調で、公示前31からの増加も狙える。

●民主
70前後の微増にとどまる公算が大きい

●維新
公示前議席を減らす見通し

●次世代
大幅に減少しそう

●共産
上積みする見通し

●生活、社民
厳しい戦い

産経(12/4)

序盤情勢 自民300議席超の勢い 海江田・菅氏苦戦、民主70議席台も
http://www.sankei.com/politics/news/141204/plt1412040022-n1.html

●自民
300超を獲得する勢い
小選挙区:前回の237より減少するが220以上の選挙区で優勢
比例:前回の57を大幅に上回り、過去最多の80超を獲得する勢い

●公明 
公示前31から1~2を上積みする可能性

●民主
前回獲得の57から20程度の増加が見込めている
海江田代表、菅元首相ら幹部級で苦戦している選挙区も
目標の100に届かない公算が大きい
70台にとどまる可能性も

●維新
小選挙区:本拠地の近畿を固めきれていない
比例:20超をうかがっている

●次世代
小選挙区:2程度を獲得する可能性
比例:議席確保の見通しは立っていない

●共産
比例で10以上が有望

●生活
選挙区:2程度を得る見通し
比例:苦戦

●社民
選挙区、比例合わせて2を獲得する見通し

朝日(12/4)

●自民 公示前293を超える勢い。
●公明 堅調 公示前31を確保しそう
●民主 公示前62から上積みするが100は難しい
●維新 40を割り込む見通し
●次世代 公示前19から1桁になりそう
●共産 公示前8から倍近く増える見通し
●生活 公示前5を下回りそう
●社民 1~2

読売(12/3)

1 2 3 4 5 6 7







  • 話題の動画をまとめよう