1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

乾貴士 セクシーフットボールの申し子、9年目の代表初得点

キリンチャレンジカップ2014が14日に行われ、日本代表とホンジュラス代表が対戦。3-0とリードして前半を終えた日本は、後半にも武藤に代わって出場した乾貴士の2得点などで6-0と大勝。「セクシーフットボール」の代名詞と言われる乾は、プロ入り後9年目、代表戦13試合目の初ゴールとなった。

更新日: 2014年11月15日

tame2000さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
47 お気に入り 88774 view
お気に入り追加

日本代表がホンジュラス代表に6-0の完勝

キリンチャレンジカップ2014が14日に豊田スタジアムで行われ、日本代表とホンジュラス代表が対戦。

約1年ぶりの招集となったFW乾貴士(26=フランクフルト)が、代表初ゴールを含む2ゴールと気を吐いた。

生年月日 1988年06月02日
身長169 cm 体重59 kg
ポジションMF
背番号8

ブンデスリーガ試合数56
ブンデスリーガ得点6
過去在籍したクラブEintracht Frankfurt
VfL Bochum
Cerezo Osaka
Yokohama F.Marinos

出場13試合目での初ゴールは登場から90秒

本田は、ドリブルで切り込み相手DFを1人かわし、逆サイドでフリーのFW乾にクロス

後半29分には豊田が競り合ったこぼれを見逃さず2点目

長谷部の縦パスをMF香川がキープ。香川が右の本田にパスし、本田が左足でペナルティーエリア中央の豊田へ。

後半からピッチに立ち、2ゴールを決めたフランクフルトの乾

「それ以外のプレーは納得していないし、まだまだだと思っています。自分の特長をもう少し出したかったです」

「自分は得点だけじゃないと思っている。もっと違うところでボールに絡んだり、いいコンビネーションだったり、1対1で仕掛けたりしないといけない」

「高徳(酒井)が指示を出してくれたから、やりやすかったです。しっかりプレッシャーをかけようと思っていました」

「ボールの受け方などは連係を高めていかないといけない。このチームに入って、まだ間もないのでしっかり合わせていきたいです」

乾と交代でピッチを後にした武藤も乾を絶賛

「さすがですね。ドイツで活躍していて、途中から出てすぐ決められるのは本当にすごいと思うし、ああいう決定力は自分も見習わないといけないと思う」

「タイプは違うけど、乾さんの細かいボールタッチは学びたい部分。大柄な相手にはそういうドリブルが通用する」

1 2





みなさんの役に立つ楽しいまとめを作っていきたいと思っています。
よろしければ★を押してお気に入りにご登録ください。
よろしくお願いいたします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう