1. まとめトップ

~初心者歓迎~Ingress「イングレス」の遊び方【初級編】

イングレス始めたいけど、自分は正直英語わかんないんでコレ見て操作覚えて遊ぼうかと。

更新日: 2015年02月28日

uluriyou02さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
897 お気に入り 2008205 view
お気に入り追加

「Ingress」(イングレス)って何?

「Ingress」(イングレス)は、Googleが提供する、スマートフォン向けのゲームです。Androidアプリは2013年11月から正式版サービスが提供されており、iPhoneアプリが2014年7月に提供を開始して、注目を集めています。

画像はイメージです

ゲームは、謎のエネルギー「エキゾチックマター」(XM)を巡り、世界中のプレイヤーが「レジスタンス」(青)と「エンライテンド」(緑)の2陣営に別れて、地図上の「ポータル」と呼ばれる拠点を取り合い、「コントロールフィールド」(CF)と呼ばれる陣地を広げていくというものです。

画像はイメージです

いわゆる「位置情報ゲーム」であり、実際の地図に情報を重ねたAR(拡張現実)要素、各地に設定されたポータルを巡るスタンプラリー要素、陣取りのパズル的要素など、奥の深いルールを持っています。

画像はイメージです

遊び方

レベルを上げながらゲームに慣れよう。「レベル8までの道」

Ingressは独特のルールと世界観があり、最初は何をしたらいいのかわらず、戸惑ってしまうことも多いでしょう。また、レベルごとにできること、考えるべきことが変わってくるため、はじめのうちはレベルを上げながらゲームに慣れることが大事になります。ここでは「レベル8までの道」として、ひとまずの到達点と考えられるレベル8までのプレイのポイントや、覚えておきたいワザを解説します。

画像はイメージです

まず最初に

Ingressの世界にようこそ。ここでは、レベル1~2、あるいは3ぐらいまでの初心者エージェント向けの解説をします。ここに書いたことを知っておけば、最初からIngressの楽しみは大きく広がるはずです。

さて、本題となる3つのワザに入る前に、やっておいておきたいことがあります。

エージェントとして登録(まだ登録していなければ)
トレーニングメニューを完了する
SMSによるエージェントの認証をする

これらを終えると、以下の基本的な知識が身に付きます。

移動してXMを集める方法
ポータルをハックする方法
ポータルをXmpバースターで攻撃する方法
ポータルのデプロイ(レゾネーター設置)、リンク、フィールド作成の方法

まずは初心者向けトレーニング!

操作法としてコレで基本を覚えましょう!

Ingressでは、最初に基本操作を覚えるためのトレーニングメニューが用意されています。しかし、トレーニングメニューの内容はすべて英語なので、難しく感じられるところもあるでしょう。ここではトレーニングメニューの進め方と、学べることを解説していきます。

画像はイメージです

トレーニングメニューを開始する

Ingressを起動してゲームが開始したら、左上の八角形のアイコンをタップします。

[AGENT]が表示され、自分の活動の記録などの情報が表示されます。ここで画面上のメニューの[TRAINING]をタップします。タップしにくい場合は、メニューをいったん左にフリックしてからタップしましょう。

[TRAINING]が表示されました。8つのメニューを上から実行しておきましょう。

(1)Fitst Contact:メッセージを確認する

最初のトレーニングを行うために[First Contact]をタップします。

トレーニングの簡単な説明が表示されました。[View Briefing]をタップします。

[Incoming Message]が表示され、メッセージの受信確認が表示されたので[Accept]をタップします。

文章と音声で説明が行われます。最初のトレーニングは説明を読むだけなので、[Start]をタップすると終了します。
次のトレーニングを行うためには、ふたたび画面左上の八角形のアイコン→[TRAINING]の順にタップして、[TRAINING]を表示します。

(2)Resieve XM:歩いてエキゾチックマター(XM)を回収する

2番目のトレーニングでは、Ingressの世界にある未知のエネルギー「エキゾチックマター」(XM)を回収します。実際に歩いて移動する必要があるので、屋外で行いましょう。

XMは、Ingressでのエネルギーに相当し、画面上部のグラフに表示されます。何か行動をしたりダメージを受けたりするとXMを消費し、行動できなくなってしまうため、XMを回収しチャージすることは、Ingressでの基礎の基礎だと言えます。

画像はイメージです

1 2 3 4 5





uluriyou02さん

ウル2号です。皆様に有益な情報をまとめていきたいと思います。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう