1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

難聴の可能性も?「声が大きい」と悩む人の"3つ"の原因と対策方法

「声が小さい」のが悩みという人がいる一方で、世の中には自分の「声(地声)が大きい」と悩む人も多いもの。声の出し方を意識などの工夫で改善しますが、もし頻繁に「声が大きい」と言われる場合は、難聴(老人性難聴)の可能性もあります。一度、耳鼻科を受診して治療を受けてみては?

更新日: 2016年02月12日

springspringさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
121 お気に入り 119634 view
お気に入り追加

◆声が大きいとビジネスシーンでは得をする

ビジネスシーンでは地声が大きい人ほど存在感がある。

ビジネスシーンでは、仕事がデキる人ほど声が大きいとされる

ビジネスシーンでは声が大きい人の意見に引きずられてしまうことも多い

◆しかし、プライベートでは

声が大きいことはビジネスシーンでメリットになる反面、プライベートでは悩みの種になることも。

無駄に声が通るから、声が小さい人の悩みは全くわからない。けど、声が大きいのは役に立つ場面と同じくらいは悩みになる場面もある。

声を小さくする方法を知りたい。仕事でよくマイクを使うのに、つい声がデカくなる。聞いている人に悪いわ~。地声が大きいから、どうしたらいいのだろうか。小さな悩みだわ。

◆声が大きい人は、気をつけて話をしていても…

気を付けて小さく喋っていてもいつのまにか、いつもの音量に戻ってしまいます

おまけに話に熱中すると、なおさら声が大きくなったりします

私は普通に喋ってるだけなのですが、いつも声が大きいと言われて恥ずかしい思いをします

◆周囲からはどう思われている?

カフェや公共の場では、TPOがわきまえられない(静かにすべき場所で静かにできない)というような悪い印象を与えます

周囲への配慮ができていないと、「がさつ」「大雑把」「周囲への気遣いが出来ない人」という印象を受けます

※例えば、あまり大声で話すような内容でない場合など。

度を越した大声は、聞く方にとっては感覚的に「騒音」と感じてしまうこともあります

◆周囲から注意されるようなら、気をつけたほうがいいかも

もし複数の人から「声が大きい」と注意されたり、話している最中にいやな顔をされたりするようであれば、本当に大きすぎるのかもしれません

声が大きいことは良いことですが、大きすぎるのは良くありません

いつでも「声が大きすぎる」のであれば、つまり、「小さな声を出せない」ということになります

◆「声が大きい」人の"3つ"の理由と対策方法

「声が大きい」人の"3つ"の理由と対策方法を見ていきます。

【原因①】 聴力がもともと低い(難聴の可能性)

人間は常に自分の声を聞いて、声の大きさを調節している。

声が大きいのは、あなたの耳が聞こえづらいことが原因かもしれません

1 2







  • 話題の動画をまとめよう