1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

マスク着用は当然!?風邪ひき社会人が守りたい"6つ"のマナー

休みたいのに休めない…。そんな「風邪で仕事が休めない」社会人も多いはず。とはいえ、くしゃみ・鼻水・咳がでてしまい、周囲を不安にさせるのも事実。頑張って出社するなら、社会人としての最低限のエチケットやマナーを守りたいところです。風邪のひきはじめでも、マスクは着用したほうがいいみたい!?

更新日: 2016年02月12日

springspringさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
175 お気に入り 151996 view
お気に入り追加

◆ビジネスパーソンに多い「風邪で仕事休めない」という悩み

出社したら出社したでさらなる悩みが…。

ビジネスパーソンの場合、風邪にかかった時に、出勤するべきか、休むべきか悩ましいところ

しかし、風邪をおして出社したらしたで、別の悩みも出てくる

◆それは

「ネギでも巻いておけよ」

デスクが近い者にとっては風邪をうつされる心配も大きいものです

咳ひとつとっても、お客様や職場の仲間を不安にさせてしまいます

咳をするときに顔を正面に向けたままや人の方に向かって、平気でゲホゲホやる人もいます

◆風邪は伝染する病気

1人の風邪でも、たくさんの人に移してしまう可能性があるのです

風邪のウイルスを少しでも拡散させないことを心がけるのも、ビジネスパーソンのマナーです

◆そこで

■マナー1 最低限守りたい「咳エチケット」

ティッシュやハンカチはきちんと携帯したいところ。

マスクをしていない時に咳やくしゃみをする際は、ティッシュやハンカチなどで口と鼻を押さえ、相手から顔をそむけるのが社会人の「咳エチケット」です

■マナー2 風邪をひいたら「マスク着用」が一般的なマナー

風邪をひいたらマスクをして、周りにうつらないように配慮することは一般的なマナーです

特に「サージカルマスク」と呼ばれるマスクは、自分の咳やくしゃみによるウイルス拡散を周囲に巻き散らかさない効果があります

■マナー3 社外の人と会う時も「マスク着用」が一般的

基本的には、相手にうつさないためにも「マスク着用」をしたほうがよい。

ただし、あまりにも咳がひどいときなどは、代理の者を立てたり、電話で済む用件であれば、電話で済ませてもらうのもひとつの手。

営業などの人が、マスクをすることがマナー違反だと思っているかもしれませんが、一般的にはマスクをして構いません

営業先の人には、あらかじめ電話などで、風邪を引いている旨を伝えておくと誤解もなくスムーズに受け入れてもらえるでしょう

■マナー4 「マスク着用」で社外の人と会う時は、"一言添える"

1 2







  • 話題の動画をまとめよう