1. まとめトップ
  2. 雑学

犬はたったの10秒...?動物たちが持つ記憶力の実態

普段から喜怒哀楽を見せている犬の記憶出来る時間はたったの10秒!?動物たちの記憶力に関する雑学をまとめてみました。

更新日: 2014年11月23日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
326 お気に入り 169206 view
お気に入り追加

■犬の記憶力

犬には、実記憶(短期記憶)と連想記憶があるそうで、実際、実記憶に関してはほとんどないらしく、数十秒前のことを覚えていなかったりします

飼い主がリードを手にするのを見ると散歩に連れて行ってもらえると喜ぶ。これは連想記憶の典型的な例で、こういった記憶に関しては比較的覚える事が出来るそうです。

もし犬がトイレに失敗をしてしまったとして、5分後に叱っても犬には何のことか関連付けることが出来ない

これは、連想記憶ではなく実記憶の比重が高い状況ですので、犬の脳にはほとんど記憶されていません。

犬の短期的な記憶保持能力はせいぜい2~3秒程度が関の山

ですので、褒めるときも叱るときも行動の直後に伝えてあげましょう。

■猫の記憶力

「猫は自分に不快感を与えるものに関しては、非常に優れた記憶力を発揮する」という習性をもっています

爪を切るのを嫌がって爪切りを見ただけでも、どこかにぷいっといなくなるネコもいれば、いじめられたりして、一度でも嫌な思いをさせられた人には、決して懐いたりしません

猫は観察、模倣、試行錯誤によって学ぶので、世の中には「人間がやっているのを見て」ドアノブを回して扉を開けたり、自ら人間用のトイレを使う猫もいる

■ウサギの記憶力

うさぎは、とても賢く記憶力が良い(自分の行動と結果を結び付けて学習する能力が高い)動物です

しつければ名前を呼ぶと跳んできたり、トイレを覚えたりと賢い面をたくさん見せてくれます

自分のわがままをどうしたら聞いてくれるか覚えて飼い主を 困らせる行動を起こしたりと記憶力がいいことが仇となることもあります

■馬の記憶力

「馬は頭が良い」とよく言われます。その理由はその記憶力の良さにあります

馬は大変記憶力が良く、いつも優しくしてくれる人や世話をしてくれる人、餌をくれる人をよく覚えています

自分の事をかわいがってくれた人にはそれだけ従順になります

■カラスの記憶力

宇都宮大農学部の杉田昭栄教授(動物形態学)らのグループが、中部電力との共同実験でカラスが少なくとも1年間は色を記憶できることを突き止めた

カラスは記憶力と学習能力が高いことで知られています

脳は、ニワトリが 3g に対してカラスは 10g。大脳が発達しており、記憶力、学習能力に優れています

■象の記憶力

イギリスには「象は忘れない」ということわざがあるほど、象は記憶力の良い動物

何年も前に自分を殺そうとした相手に襲い掛かることもあるとか

Evernoteは、メモを作成・管理するためのシステムですから、恐らく象の「記憶力がある」イメージから採用されているのでしょう

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう