1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

観光客のマナーが悪すぎて京都のお寺が次々と撮影禁止になっている

2014年、世界一の観光都市となった京都。厳かな寺社仏閣や美しい四季折々の風景を目当てに世界中から観光客がやってきます。しかし、観光客の増加と共に撮影禁止の寺院が増えています。そのほとんどはカメラマンや観光客のマナーの悪さが原因と言われています。

更新日: 2014年11月30日

dsmさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
211 お気に入り 318695 view
お気に入り追加

CMで話題になった源光庵の悟りの窓と迷いの窓が撮影禁止になってしまった。

あの京都の丸い額窓から庭が見えるお寺って、その額窓からの風景やらその他もろもろが撮影禁止だって京都観光した人が怒ってたけど、なんで撮影禁止なん?それも11月中は撮影禁止なんだってさ。

原因は観光客やカメラマンのマナーが悪すぎるため

最近、拝観者のマナーの悪さから撮影禁止になっているお寺が増えているそうです。

京都のお寺の場合、院内に入って庭園やお茶を楽しめるところがたくさんあるのですが、撮影が禁止となった原因のほぼ全てがカメラマンのマナーが元となっているようです。

境内の狭い通路に三脚を立て他の見物客の通行の邪魔をしたり、立ち入り禁止の柵内に足を踏み入れて大事な庭の苔を削ったり、壁や柱にもたれかかって文化財を傷めたり。これでは撮影を禁じられて当然だろう。

RT @aconitummilk: 京都の観光名所でカメラのマナー違反が多発しているよう。立ち入り禁止エリアに入ったり、撮影禁止な場所で撮影したり…。いくら高性能のカメラを持ってても、しょせん素人。持ち主がこれじゃカメラも風景も可哀想だ。観光客は神様じゃない!

RT前に京都の西芳寺行ったときに、写真撮ってるおじさんが信じられない行動取ってた。 苔寺で"苔踏む"なって書いてるのに平気で苔踏んでカメラ構えてさ。団塊世代のマナーの悪さにドン引きした…。なんなんだろ? 周り見えてないのかな…。

マナーの悪いカメラマンは三脚倒れてカメラボディ壊れてレンズ割れてしまえ。マジで。あのクソ共のおかげで他のカメラマンまで白い目で見られるし撮影禁止になった所は数知れず。京都の神社仏閣なんざ酷いみたいだし。

源光庵を初め、元々撮影を禁止していなかった寺院も観光客のマナーの悪さから撮影禁止に踏み切るところが多くなっている。

源光庵

「そうだ京都行こう」のキャンペーンに使用された曹洞宗の寺院。「悟りの窓」と「迷いの窓」はテレビなどで一度は目にした人も多いはず。紅葉の名所北区鷹峯に位置し見事な紅葉を見に大勢の観光客が訪れる。その他伏見城落城の遺物「血天井」もある。

CMキャンペーンにも使われた紅葉の美しさから観光客が大勢押し寄せ、混雑とマナーの悪さから今シーズンは堂内撮影禁止となってしまった。シーズン中の暫定処置のようで11月30日までとのこと。

11/2に行ったところ、撮影禁止となっていました。
混雑を防ぐためだそうです。まだ紅葉前で連休の割には空いていたのですが。マナーの問題もあるのかもしれません。小さなお寺ですし、シャッター音などあれば悟りどころではないなぁと感じました。

今年の「そうだ京都へ行こう」の源光庵は、観光客のマナーが悪いので、今シーズンは撮影禁止になりましたのでご注意を。北1ターミナルからバスに乗れなくて諦める人続出。あのCMの影響って大きいんですね。₍ↂ⃙⃙⃚⃛_ↂ⃙⃙⃚⃛₎ pic.twitter.com/9kf5GBudrg

岩倉実相院

左京区岩倉にある仏教寺院。門跡寺院であることから天皇家との繋がりも深い。現在は老朽化が進み建物自体をつっかえ棒で支えているような状態であるが門跡ゆえか檀家を持たず天皇家からも資金援助がない状態で資金的にはかなり困窮した寺院でもある。

磨きぬかれた床に庭のモミジが映り込み「床緑」や「床紅葉」と言われるほど美しい光景となる。床への写り込みを写すという撮影の難しさからか三脚を利用するカメラマンも多く、観光の妨げになり混雑も起こることから床紅葉については撮影禁止となってしまった。庭だけ撮影することは可能。

以前はそうではなかったのですが、観光客のあまりのマナーの悪さが、撮影禁止を招いてしまったようです。

以前、テレビで放映された事で三脚を使って撮影する方が増え床が痛んでしまったという事で「床紅葉」は撮影が禁止になっておりますのでご注意下さい。

宝泉院

三千院奥にある天台宗の寺院。盤桓園(額縁庭園)や格子越しに鑑賞する鶴亀庭園が有名。関が原の合戦で自刃した鳥居元忠らが流した血が残る「血天井」もある。

2008年に観光客同士のトラブルで一時院内撮影禁止となっていた。現在は11月等のピークシーズンのみ混雑緩和のため撮影禁止処置がとられることもあるようだが以前のように完全に撮影は禁止していない様子。撮影可能かどうかは問い合わせてください。

どうやら、あろうコトか カメラマン同士の喧嘩 が元となって1年くらい前から撮影禁止になっているようです。。。

11月は院内撮影禁止だそうで、写真が撮れませんでした^_^;)

石峰寺

伏見区にある禅宗流派黄檗宗の寺院。黄檗宗六世千呆禅師により1713年に創建された。境内裏山にある五百羅漢は絵師伊藤若沖の下絵によるもので若沖が当時の住職の協力を得て作った。「若冲五百羅漢」と呼ばれる。

風化し苔むした趣きのある羅漢像を撮影しようとする観光客が押し寄せ、竹で囲ってある場所まで入り込んだり、撮影のための演出を勝手にするなどマナーの悪い行為が頻発したことから「五百羅漢」については一律撮影並びにスケッチ禁止の処置がとられた。特に年配者のマナーの悪さが酷いらしい。

なんでも近年、写真を撮る方のマナーがあまりにも悪くなり、一律で撮影禁止にせざるをえなくなったのだそうです。そのマナーの悪さというのが凄まじくて、竹で囲ってある中に踏み行ったり、仏様に水を浴びせたり、周りに蝋燭を立てたりするのだそうです。

1 2 3





dsmさん

気になった情報をまとめていきます



  • 話題の動画をまとめよう