1. まとめトップ
  2. 雑学

正月にしか見ないあいつ…チョロギが怖い

動いても違和感のないフォルム…地方によってはまったく知名度のない謎正月食品の代表格でしょう

更新日: 2015年01月02日

neko.comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
106 お気に入り 305173 view
お気に入り追加

チョロギが怖い

ちょろぎって画像検索してもよくわかんないんだけど虫ですかこれ

ちょろぎって長老木って書くんだ・・・その妙に厳かな感じもまた怖い

八方ふさがりwww

キモいけどおいしいよ!派

キモいのは前提なのか

てかね、皆に散々キモいだのウ○コだのディスられたちょろぎ様方が我が家にいらっしゃるんだぜ、どやあぁ! pic.twitter.com/iWVgDNSd

う*こ言うなああああ

チョロギって食べ物知ってる??とりあえず見た目がヤバイやつ。こう見えてシソ科なんです。普通に植物なんです。サクサクして美味しいんです。中国から伝来したんです。先人はなんでも食べるなぁ。 pic.twitter.com/TPN9KXem

さりげなくdisってないか?気のせい?

むしろクリスマス用にどうか?という意見まで

おせち料理のチョロギ。重箱の隅にいて、赤くてねじれてる、 食べていいのかどうかもわからないアレだ。 アレはどう見てもクリスマスアイテムだろう

この空間にちょろぎを…

もちろんこの赤は人工。加工する前はナチュラルカラー

地下で育ったチョロギ

幼虫にしか見えないこの収穫物を…

チョロギは梅酢に漬けておせち料理に入れる正月の縁起物。チョロギ自体には味はほとんどないものの独特の歯ごたえがあって、茶わん蒸しや吸い物に入れてもおいしく食べることができます

チョロギ(チョウロギとも)は、シソ科の多年草の植物、あるいはその根にできる食用とされる球根のように見える塊茎部分。中国原産で、日本には江戸時代に伝わった

伝えんなし

酢漬け・茶碗蒸し・お吸い物の3バリエーションで支えられている

クックパットですらチョロギのレシピは15だけ。さらに酢漬けから脱却しているものは、わずかに2つのみ

チョロギ界で一番遠いところまで走ってきたと思われるこのレシピも、ちょろぎはしっかりと酢漬けになっていた

原産国中国のWikipediaは日本未満の記述量。漢字表記のバリエーションの多さを紹介する行が1行。その他は3行で終了する

「日本では食べるんだって―」「へー」という他人ごと感あふれる紹介つき

1 2





neko.comさん

可愛いものと美味しいものが大好きです♪

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう