1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

色々やらかした楽しんごさん....現状はかなり散々みたい

「LOVE注入」や東幹久さんのモノマネなどで子どもからも絶大な人気を誇った楽しんごさん。しかし、暴行事件をきっかけにかなり悲惨な状況に追い込まれているという話があります。

更新日: 2014年12月01日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
34 お気に入り 1144232 view
お気に入り追加

「LOVE注入」のギャグで一世風靡した楽しんごさん

「LOVE注入」や東幹久さんのモノマネなどで
子どもからも絶大な人気を誇った楽しんごさん。
しかし、暴行事件をきっかけに
かなり悲惨な状況に追い込まれているという話が
あります。

子どもが“ドドスコ~”とかやっているのを見たら、やっぱり教育上よろしくないんじゃないかって…

「楽しんごって、普通にカッコいいよね」「女の子にしか見えない! 可愛い」「背が高くて、顔が小さくてスタイル良すぎ。羨ましい」など、ルックスに関する女性の声は多く見受けられる

これまで整体院「癒しんご」をはじめ「美味しんご」、サロン「たなごころ」など多角展開してきた

実業家の顔もあった。

しかし、元マネージャーへの暴行が発覚

2013年7月21日、自宅で元マネージャーの男性の顔・腹を複数回殴り、軽傷を負わせたとして、2014年1月14日、警視庁に傷害容疑で書類送検された

元付き人男性への暴行疑惑が報じられ、所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシーから厳重注意処分を受けた楽しんご

「僕と彼とは半同棲のような状態で一緒にいた。
普段からじゃれ合うような仲だったので、その延長線だと思っていた」などと弁明

そんな、今...経営していたサロンや飲食店が続々と閉店しているという

新サロン「極上ほぐしんご」を東京・赤坂にオープンしているが、暴行騒動真っただ中での開店だったためか、今でも宣伝している様子はない

これまでも整体院「癒(いや)しんご」や焼き肉店「美味(おい)しんご」などを経営していたが、すべて閉店に追い込まれている

焼肉店「美味しんご」を東京都新宿区歌舞伎町にオープンしたが、コストを度外視した無謀な価格設定により採算が取れないという理由で、開店からわずか3か月の同年8月末に閉店している

ネット上の活動もうだつが上がらず?

現在はネットワークビジネスなどにも手を出しているそうで、ブレイク時の収入とはほど遠い

Twitterで非常識な発言を繰り返し炎上を狙っているようだが、芸能メディアには完全スルーされている

トラブルメーカーの気質あり??

お笑い芸人の楽しんご(33)は1月2日(2013年)に死亡事故を起こした横手(旧姓千野)志麻アナについて「チノパン可哀想」と1月3日にツイートした

この発言をきっかけに炎上した。

楽しんごは「わぁーいー荒れてる!一躍有名人だー 2ちゃんねらーって相当暇だね」と挑発するような書き込みを繰り返している

一旦は、反省をしている様子を見せていたが、このツイートでさらに炎上した。

口は災いの元というが、「何も考えないで」行ったツイートに支払われる代償は、果てしなく大きなものとなってしまったようだ

壮絶なイジメや新宿と横浜のナンバーワンキャバ嬢であったことを明かしていたが、矛盾点も多く、ネット上では「虚言」だとバッシングされている

楽しんごがナンバーワン? 絶対ありえないですよ。横浜のキャバ嬢は店同士が近いこともあって、情報が回るのも早いんです

1





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう