1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

実は簡単に予防できる!バチっと痛いあの静電気!

この季節は厚着をします。するとどうでしょう。当たり前にあのやっかいな静電気がセットで付いてきます。そんな厄介な静電気を簡単な方法で防ぐ方法をご紹介。

更新日: 2015年03月06日

327 お気に入り 181295 view
お気に入り追加

最近ではイヤホンからの静電気で悩む人も、、、

冬はイヤホンから静電気発生して耳痛い。こわい。

寒くなるとイヤフォンが静電気?でバチバチ!ってなるんだけどものすごく痛いんだけどわたしだけ??

静電気やばくて イヤホンで音楽聴いてたら♪((‹( 'ω' )›))♪ バチバチいって痛かった( ˘・з・)ヌンッ でも、いい感じに曲とあってたよ♪笑

金属類以外のものを触って体の静電気を逃がす

そうすると、地面を通じて体の中の静電気が逃げて、ドアノブなどに触ってもバチッとしません。

ほかにレンガや紙、屋外なら樹木の幹や葉なども同様の性質がある。

ドアノブなどには手のひらで触れる

指先は、手の中で最も敏感に衝撃を受ける箇所。

指先から近づけるのではなく、なるべく手のひら全体で触れるようにしましょう。

そうすれば、体の中の電気が放出されても、局所的には放出されないことになり、バチッとなることを抑えることができる。

部屋の中では湿度を高くする

湿度が高ければほとんど静電気は発生しません。

室内湿度50~60%くらいに加湿することが理想的。

日本各地の湿度40%を下回った日を調査したところ、10月から増えていることがわかる。

鍵などを使って放電させる

バチッとなるのは近づけた鍵の先端の方なので、自分は痛みを感じることはありません。

女性には嬉しい、静電気防いでくれるシュシュがあるらしい。

静電気にお悩みの女子に朗報! かわいいシュシュで静電気を軽減しましょう。(´ω`) ファッションに合わせやすいデザイン揃えています。 pic.twitter.com/PYhKH6E5BI

静電気が起きやすい服は着ない

セーターなどを着るときにバチバチッと音がすることがありますが、それは摩擦によって静電気が発生している。

重ね着をするときには、できるだけ同じ素材がいい。

1 2





ブログメディア「Jobmee(ジョブミー)」を運営。主に仕事・転職・Webなどの情報を発信しています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう