1. まとめトップ
  2. カラダ

どこの職場でも人間関係が上手くいかない…それは○○障害かもしれない

どこの職場でも人間関係が上手くいかない…という人はいませんか?職場(環境)を変えても同じ問題が生じるということは、職場環境ではなく、自分自身に問題があるのかもしれません。もしかすると、あなたは「パーソナリティ障害」かもしれません。

更新日: 2015年01月23日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
691 お気に入り 251598 view
お気に入り追加

▼ どこの職場でも人間関係が上手くいかない…という人はいませんか

職場を変えても、自分を変えない限り上手くいかない…同じことを繰り返すことになる。

どこの職場に行っても人間関係がうまくいかないです。なにが悪いのでしょうか?

どこの職場でも、必ず人間関係に悩んだり、仕事がうまくいかなくて悩んだりするものですか?

人間関係を理由に会社を辞めていく人は数多くいます。実際、転職理由の8割が人間関係のトラブルだと言われています

どこに行っても嫌われます。今の職場が嫌で、辞めたいと思っても、今までも他のどこにいってもうまくいったことがなく、新しい仕事もきっとうまくいかないと思ってしまいます

母は他にもパートで働いていたけれど、どこの職場でも全く同じ問題を起こして来た。「新人の私が簡単にできるのになぜ昔からいるあなた方にはできないのですか?」と真顔で言って傷つける。酷い時には号泣させる。

▼ もしかすると、あなたは「パーソナリティ障害」かもしれない…

平穏な対人関係を保つ事が難しくなるなど、日常生活上さまざまな困難が生じる可能性があるのです

パーソナリティ障害をもつ人の大半は自己の人生に悩んでいて、職場や社会環境における人間関係に問題を抱えています

パーソナリティ障害の人は融通が利かず、問題に対して適切に対処できない傾向があり、しばしば家族、友人、職場の同僚との関係の悪化を招きます

自分の気持ちを周囲の人に対して明確に示す事は少なく、周囲の人には受け身的あるいは従属的な立場を取りながら、いわば隠れた形で相手に抵抗します

例えばいわゆる完璧主義者。自分のルールにこだわるだけでなく、他人にもそれを要求しがち。その傾向が強まり過ぎれば、良好な人間関係を維持しにくくなり、仕事上でも些細な細部にこだわりすぎて…

完璧主義に徹して、価値観が固定になってしまう精神的な病がある。「きれいにならないと」「痩せないと」遠ざかる理想を追い続け、疲れ果てる危険な精神的障害「強迫性パーソナリティ障害」

▼ 「パーソナリティ障害」の人は、パーソナリティの偏りが著しい…

認知や感情、衝動コントロール、対人関係といった広い範囲のパーソナリティ機能の偏りから障害(問題)が生じるものです

パーソナリティの偏りが著しく、かつ固定的でそのために非適応的となり本人や周りが困る状態をパーソナリティ障害と呼びます

パーソナリティ障害は、大多数の人とは違う反応や行動をすることで本人が苦しんでいたり、周りが困っているケースに診断される精神疾患です

パーソナリティ障害とは、他者や出来事に対する認識、反応、および関わり方のパターンに相対的に柔軟性がなく、社会生活の能力が損なわれた状態です

▼ その結果、まわりから浮いてしまう… ※自己破壊的になることも

受動攻撃性パーソナリティ障害では、日常的に怒りの気持ちが生じやすくなっています

もしこの規範から外れ過ぎてしまえば、周囲から浮いてしまうといった事が起こりやすくなるでしょう

ある状況ではこうした態度やふるまい、話し方や感情の表出が望ましい……といった、いわば社会的規範があり、多くの方はそれに従っていると思います

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう