1. まとめトップ
  2. おもしろ

びっくり、まるで赤い唇!? オモシロい花17選 唇や動物に見える、かわった花

目を疑ってしまう様な、変わった花、植物。どうしてこのような形になったのか、とても不思議。唇、猿、天使、妖精、鳥など、カラフルで変わった形の花達。

更新日: 2014年12月10日

--trip--さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
675 お気に入り 161201 view
お気に入り追加

まるで唇のような植物

ある一枚の写真を見た瞬間、魅せられてしまいました。あまりのセクシーさに!! ぽってりとした唇に塗られた真っ赤な口紅。

別名、「売春婦の唇」や「ホット・リップス・プラント」と呼ばれており、まさに女性の情熱的なキスを連想させられますよね。

毒があるわけではなく、昔は先住民が薬の用途にしていたことも。潰して煎じたものを飲むと頭痛や筋肉痛、捻挫な等に効くのだとか。

主に熱帯アメリカに見られる大きめな低木で、白色の小さな花を咲かせ、青色の果実をつけます。

まるで妖精、別名裸の男と呼ばれる植物

大きさは20センチから50センチほどだが、大きく成長すると全長80センチになるものもあるという。

独特の形をした花弁は、帽子(僧帽)をかぶった人の姿をしていると見立てられることがよくある。英語では Naked Man Orchid(「裸の男の蘭」)とも通称される。

「オルキス・イタリカ」は、ラテン語で「イタリアの蘭」の意である。

僧帽形の花被片を持ち、薄いピンク色をしている。3月から5月にかけて花を咲かせる。

まるでアヒルのような植物

地面から3-4cm位のところに咲いています。よく観られるのは西オーストラリアの南西部の砂地です。

フライング・ダック・オーキッドは名前の通り飛ぶアヒルに似ている。唇弁の一部がアヒルの長い頭部、尊片がアヒルの羽、花弁の付け根がアヒルの胴体に見える。

この蘭の花にとっては、蜂を擬態しており、この蘭のことをメスの蜂と間違えさせて、オス達に受粉させる不思議な花です。

雌蜂とまちがえてよってきた雄蜂がからまり、花粉を大量に体に付着させて飛び立ってゆき、花粉をばら撒くという仕組みだとか。

▼ 色々な姿に見える、変わった植物

白鷺のような、ホワイト・イグレット・オーキッド

踊っているような、インパティエンス・ベクアールテイ

1 2 3





世界の神秘的な絶景、気になった情報等をまとめています。

https://www.facebook.com/0RajaBajakLaut0

https://twitter.com/trip_888

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう