1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

スニーカーでは危険!?雪道で転ばないために靴底チェックしよう!

いよいよ冬本番!もし雪が降ったら、何を履いて出かけますか?いつもの履き慣れている靴でいいと思ったら大間違い!雪道で転ぶ一番の原因は靴底かもしれません…。

更新日: 2014年12月08日

einoieさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
249 お気に入り 431114 view
お気に入り追加

ついに冬到来!朝起きたら雪が積もってる!

勉強してて気づいたら寝てた… もう外真っ暗だしちょっと窓開いてたからめっちゃ寒い… 雪めっちゃ積もったなー pic.twitter.com/sq4YPH1sig

雪が積もったからコーナーでサイドブレーキ引く練習をしに行きました(^ω^) 酔った(^ω^) pic.twitter.com/ggE0mhVMVB

寒気の影響で各地で積雪が観測

地元で今日1日で積もった雪として見せられた写真がこちらとなります pic.twitter.com/fM5OG0opqg

日本列島上空に流れ込む非常に強い寒気の影響で、北陸から北の日本海側を中心に雪が降り続いている。
きょう7日日中も、断続的に雪が強まり、山沿いを中心にさらに積雪が増える恐れがある。

雪が積もるのは北海道・東北だけじゃなかった

2014年2月には関東甲信で近年にない記録的大雪が降った。

もし雪が積もった外に出る時
どんな靴を履きますか?

冬になるとニュースや新聞で雪道での転倒がよく報道されます。
雪道は踏み固められると凍りやすくなり、スケートリンクのように滑りやすくなるのです。

雪道に慣れていないので
思いきり転んでしまうなんてことも…。

特に北海道や東北の人に比べて、関東以南の人は雪道に慣れていないため、転倒しやすいといわれています。
 雪が少ない地域の人ほど、雪道での転倒の可能性が高いということをきちんと認識することが大切

転ばないためには靴選びが一番重要!

雪道で靴が汚れるのも嫌だし
歩きやすいスニーカーでいいかな?
と考えがち。

東京では「雪が降ったから革靴はやめてスニーカーにしよう」と安易に考えがちだが、これは必ずしも安全策ではないようだ。

スニーカーは、靴底がツルツルの革靴に比べればいいのですが、テニスシューズやバスケットシューズのように靴底の溝が浅いタイプはやはり滑りやすいと思います。

確かに靴底を見ると凹凸が少なく
雪道で歩くのには不安…。

急な降雪でスニーカーを履くしかない場合でも、靴底のゴムが柔らかく、できるだけ靴底の溝が深いものがいいですね。ただし、一般的なスニーカーは防水加工されていないので、濡れるのを避けようと水たまりを飛び越えるなどすると、転ぶ危険性があります。

スニーカーの靴底をチェック!
靴底がフラットすぎるものは履くのを避けたほうがよさそう。

じゃあ何を履けばいいの?

傘をさしながら歩くと
どうしても足元が不安定になりがち…。
しっかりと歩くためには
最適な靴が必要になってくる。

冬靴と夏靴、滑り方が著しく違います。夏靴では、普通の歩道でも滑って転びます。冬靴だとそのような歩道ではめったに転びません。夏靴を履くということは、滑って転びたいということを暴露しているようなものです。

誰も転びたくは無いですよ…(;_;)

北海道・東北の人達は滑らないための冬靴を必ず履いてる!

北海道民は冬に冬靴を履きます。冬の靴を買う時は見た目以上に「靴底」を見るのです。

オシャレよりもとにかく靴底重視!

冬靴は防寒のために選ぶというより、転ばないために滑り止めのついた靴を重視します。

雪道用の靴にはしっかり
靴底に溝が入ってます

冬靴とはスタッドレスタイヤと同じように靴の底にぎざぎざの凹凸があるものです。まったいらのものは残念ながら夏靴です。スニーカーも同様で、冬対応のものはスノートレッキングシューズと呼びます。

かかとにスパイク入りの靴も!
溝もここまで深いと安心です。

でもブーツなら間違いなく冬靴でしょ?

1 2 3





einoieさん

北海道を中心とした面白い話題をまとめていきます



  • 話題の動画をまとめよう