1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

今年大ブレイクした吉田鋼太郎と小栗旬の深い関係が明らかになった!

昨年の大ヒットドラマ「半沢直樹」や、「MOZU」、「花とアン」などの存在感のある演技で人気を集めている吉田鋼太郎。12月には初主演ドラマも決定。そんな彼ですが小栗旬と深い関係にあるようです。

更新日: 2014年12月08日

happystar12さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
76 お気に入り 327978 view
お気に入り追加

吉田鋼太郎

吉田 鋼太郎は、日本の俳優、演出家。東京都出身。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。

もともとは舞台を中心に活躍していた吉田さんは、「シェイクスピア・シアター」、「東京壱組」を経て、1997年に演出家・栗田芳宏さんとともに「劇団AUN」を結成。

蜷川幸雄さん演出の「リア王」「オセロー」などシェークスピア作品を中心に数多くの舞台で活躍してきた。

ブレイクする前はリリーフランキーと区別がつかなかった人が多かった

リリー・フランキーは、日本のマルチタレントで、イラストレーター、ライター、エッセイスト、小説家、絵本作家、アートディレクター、デザイナー、ミュージシャン、作詞家、作曲家、構成作家、演出家、ラジオナビゲーター、フォトグラファー、俳優など、非常に多種多才な顔を持つ。

それにしても吉田鋼太郎、リリーフランキーに似ていると思うのだが、どこかで兄弟役でキャスティングされないだろうか。

吉田鋼太郎さんってリリーフランキーさんに似ていると思いませんか?(笑)

今の今まで吉田鋼太郎って人をリリーフランキーだと思ってた

リリーフランキーと吉田鋼太郎の区別が全くつかない!!AKBは分かるがおっさんの区別が付かないのは初めてだ pic.twitter.com/qSgIAtZrmI

そんな彼が2014年にブレイク

今、巷で『伝助萌え』という言葉がはやるくらい吉田の演技に注目が集まっています。

「花子とアン」で石炭王・加納伝助役を演じた吉田鋼太郎さんにたいして

『花子とアン』以外にも『MOZU』(TBS系)、『ロング・グッドバイ』(NHK)、『トクボウ 警視庁特殊防犯課』(読売テレビ)という3本のドラマに出演。

最近、彼をテレビで見ない日はないのではないだろうか。お茶の間では「凄みのある人」として印象深い視聴者が多いと思うが、自身はいたって気さくな人柄だ。

人気が出た理由は小栗旬のおかげだった

吉田は「小栗君が監督した映画に呼んでくれて。『テレビとか映画をやった方がいいよ』って散々言われて、『やった方がと言われても呼ばれないんだからやりようがない』と言ったら、

『じゃあ俺が使うからやってよ』ということから始まった」と明かした。

小栗旬さん

「さすが」と思わせるのは、今年『花子とアン』の嘉納伝助役でブレイクした吉田鋼太郎を重要な役柄で指名していたこと。

・プライベートでも2人は大の仲良し

小栗とは10年来の親友と語る吉田、出会いはシェイクスピア作品の舞台での共演だったという。

俳優の小栗旬とは、年が二回りも離れているにもかかわらず、お互い親友と呼びあうほど仲が良い。

1 2





happystar12さん

私のまとめ記事を読んでいただいてありがとうございます。

今年の目標は一人焼き肉です。

https://twitter.com/happystar012

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう