1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

正しく使用してる?「乾電池」の液漏れって意外と怖かった!

今や日常生活に欠かせない乾電池。久しぶりに使おうとした機器のフタを開けたら乾電池が液漏れをしていた・・・なんて経験はありませんか?電池の液漏れは意外と怖いものです。液漏れの原因と正しい乾電池の使い方をまとめてみました。

更新日: 2015年08月27日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
120 お気に入り 441035 view
お気に入り追加

▼私たちの日常生活に欠かせない、乾電池。

乾電池は、今や日常生活に欠かせないものです。

現在最も普及している乾電池であるアルカリ乾電池。

リモコン、ゲーム機のコントローラーなど、日常生活に欠かせない

多くの電気製品に使用されている電池は日常生活に欠かせないもの

▼そんな乾電池でよくあるのが「液漏れ」

効きが悪くなったなー、電池がなくなって来たのかなーとフタを開けたら液漏れしてた!なんてことはありませんか?

滅多に使わないリモコンや懐中電灯などを久しぶりに使おうとしたら動かなかった。電池をチェックしたら液漏れして端子がボロボロに

使わない機器に電池を入れたままにしたときや、誤って逆装填したときは液もれを起こす場合があります。

白くなるのは、乾電池の中に入っていた電解液が、空気中の二酸化炭素と反応して結晶化したものです。

処理する場合は、目に入らないようにメガネを着用してビニール手袋を着用した上で排除しましょう。

電池から液体(電解液)が漏れ出たり、その状態を長期間放置した結果、漏れ出た液体が固まって白い粉が電池に付着する現象のこと

染み出した液体は電極を腐食して錆びつかせ、機器の内部まで入り込んだ場合には電子回路まで腐食して機器をダメにしてしまいます。

▼意外と多いみたい・・・。

寮のエアコンのリモコン電池から液漏れしてる(´・ω・)

マウスの電源が入らず壊れてしまったんじゃないかと思ったら電池の液漏れで接触部分の金属が腐食してた

▼液漏れする原因は2つ。

長期保管や外部要因(落下、高温多湿等によるサビ、ショート)

機器が動かなくなってからも電池を機器内に放置しておくとで液漏れを起こします。

過充電、過放電により内部にガスが発生し、内圧が高まると、破裂を防止するためにマイナス側の接合部が開き、ガスの圧力を下げ破裂を防止すると共に、内部の電解液が流出して液漏れが起こります。

スイッチを切っていても機器の中の電池は少しずつ減っていきます

「電池の使用中や使用後の液もれ」は異常なガスを安全に抜くための動作であり、最新の乾電池でもほとんどの場合液漏れが発生する

▼放置すると大変なことに・・・。

機器が壊れるだけではなく、火災に繋がることも・・・。

一つひとつの電池は、小さくて、大きな力を発揮できませんが、
集まれば、とても大きな力を発揮する

乾電池で怖いのが「液もれ」によるデジタル機器の故障

乾電池が液漏れをすると、火災の原因になったり、
その液に触れてしまうと化学やけどを起こしてしまいます。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう