1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

イスラエルから帰ってきた森山未來に引き込まれる!踊る阿呆も見逃せない!【あさイチ】

文化庁から『文化交流使』に指名され、1年にわたり単身イスラエルのダンスカンパニーを拠点に活動してきた森山未來。イスラエルから帰ってきた彼の姿は、また一段と洗練されていました。『森山未來 自撮り365日 踊る阿呆』も見逃せません。

更新日: 2014年12月12日

betanagi1221さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
277 お気に入り 262435 view
お気に入り追加

最近姿を見かけないと思ったら・・・『文化交流使』としてイスラエルで活動していた!!

1984年8月20日生まれ
兵庫出身出身
AB型

5歳からダンスを始める。15歳で本格的に舞台デビュー。
20歳の時に、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」で主人公サクの高校生時代を演じ、日本アカデミー賞優秀助演男優賞など映画賞の数々を獲得。

これまで映画やドラマ・舞台を中心に活躍してきた森山未來だが、昨年10月から単身イスラエルへ渡ることを決断。

文化庁の文化交流使として、現地のダンスカンパニーを拠点に活動していた。

▼文化交流使とは

世界の人々の日本文化への理解の深化につながる活動や,外国の文化人とのネットワークの形成・強化につながるしていただいています

森山未來は日本の文化を海外に伝えるために1年間訪問先で現地の人と演劇の共同作業や一人芝居などをする

森山未來は俳優?ダンサー?

ダンス歴は長く、5歳からジャズダンス、6歳からタップダンス、8歳からクラシックバレエとヒップホップを始める。

ミュージカルなどで歌わせれば俳優のレベルを遥かに超えていると絶賛されます

「俳優になろうとは、未だに思っていない」という。

15歳のときに本格デビューしてから、常に刺激的な作品に出演して、俳優としての評価を高めてきているが、2012年の段階での考えは「俳優」という考えはなかったよう。

「ダンスが好きでずっとやってきて、それを見たプロデューサーさんがドラマに使ってくれた。またそれを見た監督さんが映画に…という流れでこれまでやってきた」と“自然の流れ”を強調している

しかし、イスラエルから帰ってきて考え方に変化が。

ダンサーですと、よう言わんのですよ。役者ですとも、よう言わんのですよ。 そういうどちらでもないどこにも属さない自分でいられるのが、この1年で受け入れられるようになった。。 By 森山未來 (細かい言葉づかい ちょっと違うかも。お許しを~) #あさイチ

これまで映画や舞台、ダンサーや役者など、多方面で表現してきた自身について、「曖昧であることが、そのままでいいと思えるようになった」

そんな森山未來があさイチに出演!

森山未來さんから幼さがほとんど無くなっている…!おおお。

そのオーラがすごい!

NHKつけたら森山未來出てたけどこの人佇まいとか感性とかすごく格好いい。何歳か分からないけどすごいいろんなこと考えていろんなこと経験してきたんだろうな。

海外でダンスの勉強を1年半終えて帰ってきた森山未來。話すことや顔付きに力がある。経験を積んだ人からしか出ないオーラだ。かっこいい。

森山未來がかっこよかった。一本の道を決めてる人はこうも違うのか。

イスラエルから帰ってきた森山未來が前より断然よくて来週のドキュメントが見逃せない。何か削ぎ落とされた感がしてすっきりしてる。

1 2





気になること、興味を持ったことを中心にまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう