1. まとめトップ

モンスターテイルにも本物と偽物があります:手持ちレポ

モンスターテイルにも偽物が出回っています。間違って購入しないための情報です

更新日: 2014年12月22日

48nekoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 17630 view
お気に入り追加

レインボールームの偽物情報を別ページにてまとめてみましたが、
モンスターテイルにも実は偽物が出回っています
よく似た形状が箱パッケージに入っていないバラで販売されているのも見たことがあります
箱付きでもよく出来た商品ですが、使用しているうちに不具合があったりします

安さの魅力はありますが
あえて購入するか?
知らずに購入するか?
では大きな違いがありますので分かる範囲でモンスターテイルを検証してみました

2014年8月にコラボ商品が発売されました
それについては今回の検証対象にはなっておりません

★モンスターテイルの本物と偽物の見分け方

<パッケージ:外装>

出典ameblo.jp

本物の印刷物をスキャンしたデータを元に
印刷しているらしいので解像度の問題で
写真が綺麗ではありません

出典ameblo.jp

国内版は日本語明記があります

出典ameblo.jp

国内で購入しても、裏面は英語です

正直、初めて購入される方に
これは偽物のパッケージと言われて
判別は難しいと思います
精巧に作られています
強いて言えば、写真が滲んでいるような感じで
発色が良くないぐらいでしょうか
比較するパッケージがあれば
分かりやすいでしょうが
単品では分かりにくいでしょう


ネット販売だと余計分かりません
本物の写真を掲載し、実際は偽物だったという
口コミもみかけました

<パッケージ:中装>

出典ameblo.jp

中を開けると歴然に違いあります
中のパッケージに刻印ある方が本物
ゴムやクリップを入れる場所には
ふたがついています

偽物は、刻印が無い
あっても、うっすらあるかないかの状態
本物を金型にした結果の仕上がりです

<取扱説明書>

出典ameblo.jp

取扱説明書が同梱すらされていないものもあります
入っていて安心というわけでもありません
ぼやけており、鮮明な写真ではないです

国内で購入したものは
日本語の説明が入っています

出典ameblo.jp

取扱説明書が同梱されていても
「ホログラムシール」がありません

尚、学研出版から出ている
「レインボールームスターターキット」には
この取扱説明書もないし、ホログラムシールがありません

ホログラムシールを削ると出てくる
シークレットコードは、
海外サイトでしかメンバー登録できないので
興味ない人には無くても良いかと思います

<フック>

出典ameblo.jp

形状が違うし、ロゴが入っていません

出典ameblo.jp

先端のフックの形状が異なります

出典ameblo.jp

正式ロゴが入っていないのは、
まず偽物と思ってください

<レインボールーム・ミニ>

出典ameblo.jp

正式ロゴが入っていないのが偽物です

出典ameblo.jp

切れ目の形状が異なっています
偽物は、細く隙間が空いているのみが多いです

出典ameblo.jp

偽物はゴムをひっかけるスペースが狭く、
編みにくいです

<モンスターテイル>

出典ameblo.jp

赤い印とロゴの有無で偽物の判別がつきます

出典ameblo.jp

本物は端末処理が綺麗で角Rがついています
手にやさしい設計になっています

出典ameblo.jp

偽物は、端末処理されていません(角が真四角)
長時間持っていたり、力を入れて使用していると
若干痛くなってきます

出典ameblo.jp

偽物には、正式ロゴが入っていません

出典ameblo.jp

偽物でも編めるからと
何回か編んでいるうちに亀裂が入りました
使い続けるには危ないからと
正規店にて購入しなおしました



以上に手元にあるモンスターテイルにて
検証した結果です

一度、手元にあるモンスターテイルを
チェックしてみてください

編み方によっては、モンスターテイルに負担がかかります
ミシミシっと不穏な音がしているようなら
亀裂が入っている場合があります
時々、点検するのをおすすめします

関連リンク

1 2





気になったものは、トコトン調べる性格です
今はレインボールームに夢中〜♪ 
ブログでもまとめていますが、量が増えてしまったのでこちらでまとめて分かりやすくと思っています



  • 話題の動画をまとめよう