2014年に全米で最も売れたアナログ・レコードの上位5作品が発表された。今年の最多アナログ売り上げを記録したのはジャック・ホワイトの『ラザレット』で、年間トータル75,000枚を売り上げた。

2位はアークティック・モンキーズの『AM』(40,600枚)、3位はブラック・キーズの『ターン・ブルー』(28,300枚)、4位はラナ・デル・レイの『ボーン・トゥ・ダイ』(27,200枚)、5位はベックの『モーニング・フェイズ』(25,200枚)だった。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界中でアナログレコードが売れている。その理由とは?

今アメリカ、イギリス、そしてここ日本でもアナログレコードが売れている。その理由とは?

このまとめを見る