1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

受験生のお父さんお母さんも必見!受験直前にすべき”落ちない”あれこれ

今年も残るところあとわずかとなり、受験も間近に迫っています。今まで頑張ってきた受験生とそのお父さんお母さんのために、”落ちない”ための工夫をあれこれ調べてまとめてみました。頑張れ受験生!頑張れお父さんお母さん!

更新日: 2014年12月20日

313 お気に入り 111870 view
お気に入り追加

▼受験がもうすぐやってくる、不安は絶えない…

受験生のみなさんは、いよいよ目前に迫ってきた入試に向けて受験勉強真っ只中ではないだろうか。

受験の不安につぶされそうになったりと、受験生にとって、とても過酷で孤独な試練の時期だ。

怖い。時間が過ぎるの怖い。受験が近づくって意味でも怖い(._.)。

不安すぎる。。。 毎日のように受験のことばっかり

センター試験親に心配されすぎて本気でやばい気しかしないから、勉強時間1〜2時間やめて5〜6時間やるしかないと思いました。皆かしこそう。勉強してそう。つよい。

受験生のお父さん、お母さんも心配なんです…

▼そんな追い込み時にこそ気を付けて!

▼不安でも深夜勉強はNG

リクルートマーケティングパートナーズは、運営するオンライン予備校「受験サプリ」利用者の1年半の計測データを解析。

その結果、合格率の高い「上位安定タイプ」は24時以降勉強する割合が8%であるのに対し、合格率の低い「挫折タイプ」は24時以降に勉強をする割合が14%に上ることが明らかになった。

お父さんお母さん注意してあげて!

睡眠中は、日中の出来事を整理し、記憶するというメカニズムがある。だから、脳が情報を整理して刻み込むための時間がとれない徹夜の勉強は、長期的に見れば、完全に効率が悪い勉強の仕方となる。

▼苦手科目をあきらめてはダメ!

全国の国公立大学および難関私立大学合格者の3人に1人が受験直前の1か月に5教科7科目で50点以上伸ばしていたことが、東進が12月1日に公開した調査結果より明らかになった。

得点の伸びを科目別にみると、12月の模試で得点が低かった科目ほど、センター試験本番で伸びている。特に理科は平均点(69.9点)未満のグループが100点満点中16点伸びた。

模試の結果は気にせず勉強すべし!

この結果から、東進では「伸びしろの大きい苦手科目・苦手分野に取り組むこと」と推奨。とはいえ、油断や焦りは禁物。計画的に確認や演習を行い、学力を維持・向上できるよう心がけよう。

▼でも、最後の最後は神頼みもあり!?

いよいよ受験シーズンが到来。「スピリチュアルなものは信じない」と思っていても、追い込まれると何かにすがりたくなるもの。

合格という目標を達成するために、願掛けや神頼みをしたことのある人は少なくないはずだ。

大國魂神社のお守り 受験のためにお父さんが買ってきてくれました もう神頼みだね 受験生頑張ろう pic.twitter.com/1B05HVCK1y

@nanapyon773 合格しとらなんだら正月も帰れん(;_;)あー神頼み(;_;)♡

▼初詣には”落ちない”神社仏閣

全国でもっとも多くの受験生が合格祈願した神社は、福岡県の「大宰府天満宮」であることが12月17日、KDDIが実施した「合格祈願に関する調査」の結果から明らかになった。

関東エリアでは、1位「湯島天神」、2位「明治神宮」、3位「鶴岡八幡宮」。

1 2





yururi.huwariさん



  • 話題の動画をまとめよう