1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

裁判官もキレた!土下座事件の裁判で分かった「モンスタークレーマー」の実態

大騒ぎになった「ファミマ土下座事件」。この事件の逮捕者は5人。一連の裁判で「モンスタークレーマー」のあきれた実態が明らかに。

更新日: 2014年12月25日

haru-tomoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
164 お気に入り 607287 view
お気に入り追加

■大騒ぎになった「ファミマ土下座事件」

大阪府茨木市のファミリーマートで店長らが脅され、土下座させられる動画がインターネットで公開された事件

客がファミリーマート店内で騒動を起こしたことから店員が「おまえらみたいなのは客じゃ無い」と会計を拒むが、客側はその行為に対して逆ギレ

男性店長(25)とその父親のオーナー(51)に怒鳴り散らしたり、土下座をさせて、たばこ6カートン(2万6700円相当)を脅し取った

・この事件の逮捕者は5人

恐喝の疑いで逮捕された門真市の会社員・野仲史晃容疑者(46)と東大阪市の無職・中村剛容疑者(39)

■この裁判で「モンスタークレーマー」の恐るべき実態が明らかに

一連の事件の公判では、「客に謝罪するのに土下座と手土産は当たり前」「営業所長から200万~300万円は受け取れると思った」という4人の信じがたい〝常識〟が次々と判明

ささいなミスを大げさに取り上げて文句をつけ、過度な「おわび」を要求するのが「モンスタークレーマー」だ

・裁判官をキレさせた中村被告の言葉

男は被告人質問で、裁判官に次々と上司を呼びつけた理由を問われ、「(店長に)オネエ言葉でおちょくったような謝り方をされ、怒りが勝っていた」と説明。返答に納得できない裁判官は「オネエ言葉でも謝っているじゃないか。あなたは非常識なことを言っている。相手が土下座してまで謝っているのに、どこまで謝れば気が済んだのか合理的に説明してください」と声を荒らげた

・野仲被告は元営業だった!?「土下座」していた過去があったゆえの犯行

野仲史晃被告(46)の弁護側は「16年間にわたる営業の仕事で、被告も顧客に謝罪する際は土下座し、財物を渡していた」などと訴えた

過去には別のコンビニで妻の肩にぶつかった詫び料としてクオカードを受け取ったこともあった。「謝る際には土下座をし、財物を渡すのが普通だと思っていた」という

■実際、企業へのクレームは増えているらしい

間違いなく増えています。30年前に比べてクレーム発生率が5~6倍にはね上がっているということになります

高度成長を経てバブル景気を迎え、衣食住足りて「変な暇」ができてしまった。お金と暇はあるけどやることがない、じゃあ店に行って文句でも言おうかと……。それがエスカレートしながら今に続いているという印象

▼色々と不可解なクレームもある

【仕事中の出来事】 子供「さっき買ったカード レアカード当たらなかったから返品したいで~す」 私「開封したから返品出来ないよ~」 子供「え~!」 ーー数分後 まさかの母親登場 母「なんで返品出来ないんですか!?」 私「( 'ω')????????????」

客「便座が冷たい!ちゃんと点検してるの!?」 スタッフ「申し訳ございません、すぐに確認いたします」 ↓ スタッフ「大変申し訳ございません、電源ケーブルが抜かれて、代わりに誰かがこの充電アダプターを刺して使用していたようd 客「返しなさいよ!それあたしのよ!?!?」 ってのが昨日

客「ジンジャエールください」 注文のジンジャエールを出す。 客「ちょっと!これ辛いんですけど?取り替えてください」 私「ご注文はジンジャエールですよね?」 客「だから早く出してよ、これめっちゃ生姜の味するんだけど。あり得ない」 私「」 #本当にあった怖い話

・「モンスター」の特徴

一般のお客さまからの苦情・クレームは、困ったり悩んだりしていることを報告、または解決することが目的です。それに対して、モンスタークレーマーの目的は金品を奪うこと

1 2





haru-tomoさん

気になった事をまとめていくよ!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう