1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

制服も校歌もAKB! 福島県に来年開校の「県立ふたば未来学園高」がリッチすぎ!

福島県双葉郡で2015年春の開校を目指す「福島県立ふたば未来学園高校」の制服デザインを茅野しのぶ氏が手がけることが報じられました。同氏はAKB48の衣装デザインを担当。今回の制服デザインも秋元康氏がメンバーとなっている「ふたばの教育復興応援団」の企画のひとつで、秋元氏は校歌も手がける予定です。

更新日: 2016年06月01日

dat_naviさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
90 お気に入り 357979 view
お気に入り追加

■すごい新設校が誕生するみたい…

福島県教委は26日、来春、広野町に開校する県立中高一貫校の「ふたば未来学園高」の制服と校章を発表した

制服デザインについて、人気アイドルグループ「AKB48」の衣装デザイナー、茅野しのぶ氏(32)を起用

校章はトヨタ自動車の企業CM「ReBORN」シリーズなどを手掛けるクリエーティブディレクター佐々木宏氏(60)

同校の開校や授業に協力するために、有名人が結成した「ふたばの教育復興応援団」のメンバー、作詞家の秋元康氏を通じて依頼した

■AKBの衣装デザイン兼総支配人を務める茅野しのぶ氏

ふくよかな体型が特徴。メンバーからの信頼も厚く、友達、姉、お母さん的存在でもあったりする。よくメンバーの面倒を見るため、初期の人出が足りない時には、「マネージャー」を兼任していた時もある

■制服はAKBおなじみのチェック柄が特徴

紺を基調としたブレザーを採用。女子生徒のスカートは、AKB48のステージ衣装でおなじみのチェック柄とし、活発さを表現する

ふたば未来の制服可愛いんだけど! 制服だけ欲しい(笑)

■校章は「未来」をモチーフにタンポポの綿毛をイメージ

佐々木宏、ささき・ひろし。慶應義塾大学法学部卒業後、大手広告代理店の電通に入社。新聞雑誌局に6年勤務したのち、クリエーティブ局に移りコピーライター、クリエイティブディレクター、クリエイティブ局長などを務める

ビートたけし「福島にも“みらい”っていう学校ができるらしいよな」

■校歌を手掛けるのは秋元康氏

秋元氏は著名人でつくる「ふたばの教育復興応援団」メンバーで、同校の校歌も手掛ける

ふたば未来学園、校歌は秋元康だし、制服デザインはAKBの衣装デザイナーさんだし。公立なのにちょっとすごい。

■福島第一原発のそばに開校し、復興を応援する

新設校は「ふたば未来学園高校」。東京電力福島第1原発事故で被災した福島県双葉郡にある県立高校を統合し、魅力ある学校づくりを目指す。

同校は平成27年度、世界で活躍する人材を育成する文部科学省の「スーパーグローバルハイスクール」(SGH)の指定を目指している。指定校は年間1600万円まで支援を受けられる。

同校は地元の企業や大学と連携したインターンシップや海外留学を組み込んでいる。

ふたば未来学園高が立地する広野町の遠藤智町長は「将来を担う子どもたちの人材育成につなげてほしい」と語った。

■「ふたばの教育復興応援団」の顔ぶれが凄い

応援団は11人。作家の乙武洋匡氏や宇宙飛行士の山崎直子氏、建築家の安藤忠雄氏、バドミントンの元オリンピック選手の潮田玲子氏ら

1 2 3





dat_naviさん

画像や動画を使ったわかりやすいキュレーションをめざしています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう