1. まとめトップ

「WBCアンケート報告書」 ふくしま30年プロジェクト

産地を気にして食料品を買う、魚介類や自家製野菜を食べる頻度等で差が見られる。
日常生活の中で放射能の摂取に気を配ること、内部被ばくを避けようとする意識を持つこと、そのために必要な知識を持つことが大切。

産地を選ばない群ほど体内セシウム検出率が高い。
食べて応援、危険と判明。

ほぼ毎日食べる群の体内セシウム検出率が高く、
食べない群の検出率はゼロ。

魚介類の産地を選ばない人の体内セシウム検出率は、
選ぶひとより高い。

外部被曝を避けようとする群の体内セシウム検出率が低い。
ガイガー必携。
高線量=放射性物質がある ということ。

宮城でも同様の傾向が・・・

(続き) 宮城県の増加分は、角田市民放射能測定室経由が大部分で、①食事に気を付けている、②あまり気を付けていない、③気を付けていないの3グループから検体を出された。②、③の方から高い値が出たため、平均値が大きく上昇しました。

食材を選ばない子と、地元産食材を食べる子の尿から高めの放射性セシウムを検出。

しかし、食材を選んでいて、給食も食べずに弁当持参の子も不検出ではない。

住んでていいのかな?

自家栽培品を食べる子や、食材を気にしない子の尿から高めの放射性セシウムを検出。

しかし、食材を選んで、給食ナシとか○○は食べないとかの制限を掛けている子も不検出にはならず。

食材を気にしない子の尿から高めのセシウムを検出。

1





緊急事態宣言発令中につき転載歓迎。



  • 話題の動画をまとめよう