1. まとめトップ

日本のロイヤルプリンセス佳子様が美し過ぎる件

世界有数の長さを誇る(記録に残る上では世界最長)王位の日本皇族の中でもひときわ美しさの光るプリンセス佳子様の素敵画像を集めるまとめ

更新日: 2016年09月26日

moepapaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 309857 view
お気に入り追加

佳子様とは

佳子内親王(かこないしんのう、1994年(平成6年)12月29日 - )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第二女子。今上天皇の孫にあたる。身位は内親王。皇室典範における敬称は殿下。
成年に伴い、宝冠大綬章受章(旧勲等では勲一等宝冠章に相当)。お印はゆうな。姉に眞子内親王、弟に悠仁親王がいる。

1994年(平成6年)12月29日 - 誕生。身長50.5センチ、体重2766グラム。同日賜剣の儀。

2014年12月 - 成年皇族となる20歳の誕生日である29日に今上天皇より宝冠大綬章を授与され、宮中三殿に参拝するなどして成年皇族としての一連の儀式を行った

皇族として数々のイベントに参加していますが、そのたびに、いつもかわいさは際立っています☆
一般人のファンも多く、マスコミでも特にかわいいプリンセスとして取り上げられています。

今上天皇は、2010年(平成22年)12月23日の誕生日会見で、「御所で、皇太子一家、秋篠宮一家が集まり、大人同士が話し合っているようなとき、佳子は、よく愛子や悠仁の面倒を見、一緒に遊んでくれます。佳子のこのような気遣いをうれしく思っています」と述べ、佳子内親王の心配りに謝意を表した。

一宮家の生まれであり、かつ、宮家の当主ではないので宮号を冠しないが、学校生活の他、スケート大会などにおいては、「秋篠宮佳子」の名で登録されている。スケート大会の選手紹介では「秋篠宮佳子さま」と一般的な敬称で呼ばれる。

幼少期・学生

幼き日からそのかわいさが際立ち、常々もっとも美しい皇族として話題に

子供の頃から今の風貌の様子がうかがえます。

こんな小さな子供の頃から、今のかわいさの片鱗は見せていましたね☆

化粧っ気も無いのにかわいさがわかるってすごいですよね。

小さい頃からかわいらしい。

あどけなさの残る笑顔ですね。
クラスにぜひいて欲しい!!

ちょっと不遜なキャッチコピーをつけてる記事ですが、いい写真なのでOKww
かわいいですね。

何気ない表情もいいです。こんなコ身近にいたら最高ですね♪

いよいよご卒業&進学ですね。

若かりし日のひとコマ(今ももちろん若いですが)。
セーラー服は格別ですね☆

ヘタに化粧とかしない、巣のままがかわいいですね。

大学生以降

ちょっぴり大人

学校(学習院)の入学時のスーツ姿ですね、お美しい。

1 2 3





パソコン大好きシステムエンジニア。普段はパソコンを自作したり、ウェブサイト・ブログ作成をしつつ、トランポリン、ホットヨガ、体操、ジョギング等の運動をしている日々。



  • 話題の動画をまとめよう