1. まとめトップ
  2. カラダ

食事で痩せる!太る食べ方をすぐに解決する方法!

あなたは気づかないうちに「太る食べ方」をしていませんか?テレビや新聞などを見ながら、食事を楽しむのではなく作業としてる人が多いです。太る大半の原因は食事の仕方に問題があります。早食い、不規則な食事、一気食いなど思い当る節はありませんか?太らない食べ方に注意して身に付け改善しましょう。

更新日: 2015年01月12日

kurokapuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
849 お気に入り 227004 view
お気に入り追加

早食いは絶対にダメ!

満腹になったという信号が脳に届くのは、食べ始めて15分〜20分後

食べ物を食べると、血糖値が上がり「満腹になった」という信号が脳に送られるため、それ以上は食べたくなくなります。

早食いをすると、脳へ「満腹になった」という信号が伝わる前にたくさんの量を食べてしまうことになります。

一気に食べると、体にとても負担がかかる

血糖値が急激に上昇します。すると、血糖値の上昇を抑えるために
すい臓からインスリンが分泌されます。

インスリンには脂肪を作り、脂肪細胞の分解を抑制する働きがあるので、過剰に分泌されすぎると肥満の原因ともなってしまいます。

満足するまで食べ続けた後に、苦しくなるほど胃が膨らむ事があります。これはずばり血糖値が上昇する前に食べ過ぎてしまっている

出典http://簡単ダイエット法.com/3_1.html

特にゆっくり噛むことは大事です!

食べ物が小さく噛み砕かれることにより、お口の中や胃、腸の中での消化を助けます。

唾液には、炭水化物を分解する『アミラーゼ』という酵素が含まれていて、よく噛むことにより、この『アミラーゼ』が大量に分泌され、口の中から消化が始まり、胃へ送られた食べ物の消化吸収を素早くします

また噛むことで脳に刺激を与え、消化を助けるホルモン『コレシストキニン』が十二指腸から分泌されます。

よく噛むことは、ダイエットにも美容にも効果抜群です

すぐに実践したい方は、利き手じゃない方の手でご飯を食べてみてください!食事の時間が増えて、ダイエットになります

本当にやせたいと思うなら、よく噛んで時間をかけて食べること。

理想の咀嚼回数は、一口につき30回程度。食べものが唾液と混ざり、おかゆのようになる程度を目安にしましょう。

噛むことで歯並びも良くなり、口のまわの頬やアゴの筋肉が引き締まり、歯並びや口元を整えて表情豊かになり、笑顔も素敵になりますよ。

TVや雑誌を見ながらの食事は止めよう

テレビを見ながら食事したときには交感神経が優位に働き、消化吸収の準備は整いません。

食事以外に意識が集中すると満腹中枢が働きにくくなり、食べすぎになりがちです。

会話を楽しんで食事をするのが一番です!

1 2





ニュースや興味あるものをまとめています。

Twitter https://twitter.com/fox48merion



  • 話題の動画をまとめよう