1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

これ粘土なの?ポリマークレイを使った手作りが楽しそう!

海外でも人気のポリマークレイは樹脂で作られたクラフト用粘土。オーブンで加熱することで完全硬化するヒートドライタイプの粘土なので、加熱しなければ長く保存できるメリットがあり、加熱後に彫刻や研磨も楽しめるので、完成度の高い作品作りが可能!そんな魅力溢れるポリマークレイで手作りを楽しもう♡

更新日: 2016年06月15日

amasayaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7485 お気に入り 987637 view
お気に入り追加

ポリマークレイって??

最近、特に日本でも注目されている「ポリマークレイ」は、家庭用のオーブンで簡単に加熱ができるオーブン粘土です。

その名の通り樹脂で作られたクラフト用粘土です。

オーブンで加熱すると固まるという画期的なポリマークレイ

ポリマークレイ(樹脂粘土)はオーブンに入れて加熱することによって硬化するという特性があります。

つまり、加熱しなければ長く保存できるメリットがあります。

手でこねて軟らかくし、形を作った後、予熱をしたオーブンで
120~130℃で30分程加熱すると、プラスチックのように硬くなり、
アクセサリーや雑貨など、実用的な作品がどなたでも簡単に作れてしまう、画期的な素材です!

熱を加えないとずっと固まらないので、一度作り置きをして必要な時に切り出し好みの大きさや形にして焼成することが可能なのです。

作品の幅も広がる!

加熱後はカッターや彫刻刀で彫ったりヤスリで削ったり、様々な加工が可能です。分りやすく言うと、プラスチック製品を自分で作ってしまうようなものです。

かわいいリボンのネックレスも作れちゃう♡

加熱後はプラスチック素材になりますので、軽くて強くて耐水性のある作品が作れます。

おしゃれなコースターも作れちゃう!

この粘土は、オーブンで焼成するときに、その温度の耐えられるものなら何でも一緒に焼成できるという素晴らしい利点があります。

様々なクラフトとコラボレーションすることができますので作品の幅が広がります。

ポリマークレイの焼成温度は120~130℃くらいなので、
焼成後の銀粘土と一緒にオーブンで焼けば、
色付きのシルバーリングやピアスを作ることも可能なのです!!

みんなも楽しんでいるポリマークレイ

今年はポリマークレイに挑戦って事で、とりあえず、ゆいちゃん推薦のガチャピンを作ってみた! 難しかったぁー… pic.twitter.com/opXAKvFEz0

可愛っ♡(((o(*゚▽゚*)o)))♡ “@_wuper: この間のリンゴ煮からのイメージでレジンで椿!芯と葉っぱはポリマークレイです。 pic.twitter.com/5qBitWMhti

ハロウィンカラーのマカロン完成!粘土はポリマークレイのフィモ。普通の粘土みたいに乾燥させる時間が省けるから短時間で出来るのが◎ ただ硬い粘土なんで捏ねるのに一苦労…指先が死んだ。 pic.twitter.com/4zYq9ZHp7T

1 2





amasayaさん



  • 話題の動画をまとめよう