1. まとめトップ

さくっと読める、短め後味の悪い話まとめ【実話系】

後味の悪い話の中でも、実話と思われるもの、短くまとめられているものを集めています。暇つぶしにお読みください。ほぼ毎日更新しています。

更新日: 2016年03月18日

Shiyanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
50 お気に入り 853946 view
お気に入り追加

釣り

Photo by OJO Images / OJO Images

子供の頃に父親と一緒に海に釣りに行った事がある
そこで釣り場のアスファルトの上に捨てられた生きたフグを発見した。どうも他の釣り人が捨てたらしい
子供心にかわいそうに思ったから海に帰してやったんだけど(フグの腹の皮がアスファルトに張り付いてて、持ち上げた時に少し剥がれてた)、そうしたら父親から「何故フグを海に帰すんだ」ってたしなめられた

わけがわからなかったから「大人は意地悪なんだ」って思ってた
しばらくしたら父親が「さっきのフグ」を釣り上げた
「こういうことなんだよ」って言って、親父はフグをアスファルトの上に捨てた
それでもやっぱりかわいそうだったから反対側の海にフグを投げた

その日の夜、残酷なことしてしまったって気付いた
反対側の海にも釣り人はいたから、たぶんあのフグはまた釣り上げられる。そしてまたアスファルトの上に捨てられる
死の苦痛を三回もあたえてしまったことになる
フグをかわいそうに思う気持ちは自分のエゴでしかなかった
ベットの上で泣いたわ

ニュース

Photo by Siri Stafford / DigitalVision

昨日やってたニュース。
幼いきょうだいが車内に放置されて死亡。

両親に話を聞いたら、母親が父親に「子供を保育所に送って」と頼んだが、当の父親はそれをすっかり忘れていて、しかも母親が送って行ったと思い込んでいた。

つまり、両親がお互いに思い違いをしていたのだ。
子供が可哀想だ。

生き残った娘

北海道で父親が娘かばって吹雪の中凍死してしまった事故で
その後、娘宛に寄付金とかが送られてきてて
中には養子に迎えたいって話もあったらしく美談だなみたいな感じで友人と話してたら
友人に
「美談か?寄付金はほんと美談だと思うけど養子の件は美談でもなんでもないだろ。
むしろ胸糞の部類だよ」と言われた。
友人曰く
「養子にしたいなんて言うけど、そいつらはただ有名になった悲劇の子が欲しいだけだろ。
がけっぷち犬に群がった奴らと同類だよ。
今回は人間な分もっとタチが悪いと思う。
引き取ってから結局やっぱりいりませんでしたってわけにはいかないんだぞ?」
って言われ・・・
気軽に「おーいい人もいるもんだなー」なんて思ってた自分の軽さと馬鹿さ加減に凹んだ。
がけっぷち犬の末路を知ってるだけに余計。

よくよく考えりゃ親類すっとばして赤の他人が養子に貰うってのもありえないよな。

ハイジャック

Photo by Thinkstock Images / Stockbyte

インド?の飛行機を3人の男達がハイジャック
犯人達は刑務所から出たばかりの反政府組織と名乗り、爆弾をちらつかせ、機内に他にも仲間が居ると言い、亡命のためにオーストラリアへ向かうよう機長に要求
機長は「燃料足りんからオーストラリア行けん」って事実を言うが、犯人達は馬鹿揃い(物凄い馬鹿)で機長の話を信じない
燃料切れになって、機長は必死に飛行機を不時着させようとするが犯人達がそれを邪魔する
機長は機内放送で必死に常客たちに「犯人に立ち向かってくれ」って呼び掛けるけど、立ち向かったのは一人だけ
飛行機は海に墜落。機体が真っ二つに割れて、122人もの人が機体に取り残されて溺死
機長は生存。犯人3人は死亡
爆弾は偽物で、犯人達は反政府組織の人間ではなく、「オーストラリアに行けば良い暮らしが出来る」と思い込んでた只のニート達
こんなくだらなすぎる馬鹿どものせいで122人も死んだのが不敏過ぎた
ただ一人立ち向かった男性は「爆弾は偽物。犯人は3人だけ」って見抜いてて、事前に他の常客や乗務員に犯人と戦うよう呼び掛けてたんだけど、結局実際に犯人に立ち向かったのはその男性一人だが墜落の時に死んだ。

孝行息子

Photo by E. Dygas / Photodisc

親父が務めてた会社の後輩の話
後輩は家に父がいなかった幼い頃に癌で亡くなった母子で生活する事になったが貯金は多くなかったうえ頼れる親戚もいなかった
当時の日本といえば女性は専業主婦として生きることになっていたので母は表立った仕事が出来ず内職に勤しんでいた安月給での内職のため時には借金も抱えた
そんな中で育った後輩には志があった
「金の掛からない国立に行き、女手一つで育ててくれた母に親孝行したい」
それから毎日夜間学校とバイトを往復した

そして名のある国立に合格し両家のお嬢様と付き合い会社に務める頃には籍を入れた
貧乏であったもののイケメンで明るくいつも向上心をもって行動していた彼を上司である親父は可愛がっていた
「これからですよ。忙しくなるのは。子供も後半年で生まれてくるし、母にも全然親孝行してません」

その丁度1ヶ月後、彼は癌を患った
まだ25歳にして父と同じ癌を持ったらしい
それから半年を待たずに死んだ
赤ん坊を見る事も出来ず母に親孝行もしなかった事を悔いながら死んだ

これがドラマではなく実話なんだ

インタビュー

Photo by Thinkstock / Stockbyte

黒柳徹子がユニセフ大使としてアフリカに行った時の話。
内戦で虐殺が行われたと言われていた国行って、難民キャンプを
訪れた。そこで出会った子供が孤児だと聞いたので「誰があなたの
親を殺したのか覚えてる?」と聞いたが、子供は覚えていないと言う。
ところが、数日後(?その日のうちだったかもしれない)
「本当は顔を覚えているんだ」と子供が言い出した。
「じゃあどうして前に聞いたときはそう言わなかったの」と尋ねたら
「だって、あの時の通訳だったんだもん」と……。

 ユニセフ大使の通訳をやるような人だから、きっと優秀な人
なんだろうけど、そういう人でも虐殺には加担したのかと思ったら
この先もその国はいろいろ大変なんだろうなと思った。
でも、そもそも、なんでそんなことを聞いたんだよ、トットちゃん……と
思うと、なんだかもやもやして、後味が悪い……。

ドーピング

Photo by Jeffrey Hamilton / Photodisc

2005年ヤクルト(以下ヤ)にきて2007年にソフトバンク(以下ソ)に移ったガトームソン。
その初年度、彼は前年度ノーノーをした時とは違う形でニュースになる。
育毛剤に入ってた薬がドーピングに引っかかったのである。

彼は使うよ、と報告をソにしていたのだがソは日本ドーピング協会が出した
禁止薬物リストを深く調べず許可した事が引っかかった理由であった。
これによりガトームソンは20日の出場禁止、ソは罰金320万円を払うことになる。
まあこれだけなら後味は悪くないんだが、後に前年度ヤから
「その育毛剤に入ってる薬、ドーピングに引っかかるぞ」と言われてた事が発覚。
それでも使ったガトームソンにモヤモヤした。

さらにその数年後、その育毛剤に入ってた薬がドーピングではなくなる事が発表され
更にモヤモヤ、というか俺は後味悪く感じた。

運転マナー

Photo by Maria Teijeiro / Photodisc

地元であった事故の話。
高校三年生の女の子が事故で亡くなったんだけど、
それが彼氏をクリスマスパーティーに呼んだ後のことだった。
だいぶ駅から遠い家だったので駅までその子のお母さんが彼氏を送ろうとしたときの事故。
一緒について行った女の子だけがシートベルトをし忘れてて、
激突→女の子だけ車外に飛び出す→後続車に跳ねられて死亡。
その辺では一番偏差値高い高校の子で、部活でも人気だったそうな。
お母さんも彼氏もベルトしろやって一言言わなかったのかな、となんだか微妙な気分になった。
亡くなった原因がお母さんの不注意だったのでなおさら嫌な気分になった。

嫌な客

Photo by Noel Hendrickson / Digital Vision

結婚前中古車販売店に勤めてたが、あるお客様で、
やたらぞんざいに車をえらぶくせに執拗にねぎってきて、
うんざりする位長く接客した相手がいた。

納車して3日で、池にダイブの一家無理心中ですか。そうですか。
ご成功おめでとうございますよ。

ご近所の人から
「下の息子さんは、今日はカッコいい車でドライブなんだ、ってお菓子お弁当持って大喜びしてた」
って聞いて滅茶苦茶へこんだ。

…俺は子供が非道い目に合う話が大っっ嫌いなんだよ!激鬱…後味悪すぎだよ…

花言葉

Photo by George Doyle / Stockbyte

この前のGWに帰省したとき、早めの母の日ってことで花を送った。
母親はもともと花が好きで、よくある赤やピンクのカーネーションは
既に家にあったので、黄色いカーネーションにした。
もちろん喜んでくれた。

その後、そういえば花言葉って花の色によって違ったなーと思い立ち、
なんとなく調べてみたんだが、黄色のカーネーションの花言葉は『軽蔑』だった…

なんか後味悪い。

金銭感覚

1 2 3 4 5 6 7 8 9





Shiyanさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう