1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

吹き替えと字幕 映画を見る時どっちを選べばいいの?

それぞれの良いところと欠点をまとめてみました。

更新日: 2015年12月19日

95 お気に入り 98922 view
お気に入り追加

あなたは吹き替え派ですか?字幕派ですか?

あなたは「吹き替え」と「字幕」どっち?
アンケートの結果は・・・

吹き替えで見る 19.2%
字幕で見る 46.3%
どちらとも言えない 34.5%

調査期間:2012/6/27~2012/6/30
アンケート対象:マイナビニュース会員
有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)

吹き替え派の意見

文字を読まなくて済むので、その分ラクだから。(京都府/女性/44歳)

「字幕だと少し目を離すと何しゃべってるのかわかんないから(高校3年生)」「字幕だとずっとみていないといけないから(高校2年生)」

字幕派の意見

「外国の俳優、女優さんの生の声が聞きたい!(高校3年生)」
「オリジナルの雰囲気を楽しみたいから(高校1年生)」

吹き替えだけは許せないほど嫌いだ。声優という職業も異常な発声で許せない。(宮崎県/男性/63歳)

論争に終止符? 映画評論家が回答!

「総合的には吹き替えのほうが優れている」

「字幕は一度に表示できる文字数に限りがあり、台詞にかなりの省略や意訳が必要。翻訳がオリジナルのニュアンスとかけ離れてしまうことも多く、複雑なストーリーや情報量の多い映画を一度で理解したいなら、吹き替えのほうがおすすめです」と語る。

特に、細部まで映像にこだわった大作ファンタジーや、ディズニーやピクサーのCGアニメ、理解の難しい社会派ドキュメンタリーなどは、字幕だと目の情報処理が追いつかなくなるので、吹き替えが向いているのだとか。

字幕映画のメリットとデメリット

オリジナルの魅力が大きく損なわれてしまうミュージカル映画や、会話の間やニュアンスが大切なアメリカンコメディは字幕向き。俳優によって吹き替えの向き・不向きの問題もある。

やっぱり俳優の息遣いや演技がダイレクトに伝わるのは字幕の最大のメリットでしょう。“俳優の演技をそのまま楽しみたい”という方が字幕派には多いと思います

映像に早口でセリフを言ったり複数の人が同時に話したりするシーンでは、最低限の情報しか字幕で翻訳されず、内容によっては説明不足だと感じてしまう

「映画を観る」のではなく、「映画を読む」となってしまう点です。特に映像展開が早い作品やストーリー的に複雑な作品は、字幕についていくだけでも大変。

吹き替え映画のメリットとデメリット

元のセリフと同じように吹き替えでセリフを入れるので、疑問に思う点もほとんどないはずです。

字幕の漢字が読めない小学生以下の子供から字幕を追うのが大変なお年寄りまで、幅広い年代に受け入れられやすい

、字幕よりも吹き替えの方が翻訳に反映できる情報量が断然多い

1 2





平野源五郎さん

映画が好きです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう